東福岡・森雄大投手、敗れる 進路については口にせず

高校野球ドラフトニュース 2012年ドラフトニュース

 東福岡・森雄大投手の高校野球が終わった。福岡大会準決勝の福岡大大濠vs東福岡の対戦では先発した東福岡・森雄大投手が1回にマメをつぶして2安打2四球で2失点、2回も2本のヒットを許し、自らの悪送球などでノーアウト満塁となったところで降板した。結局4-7でチームは敗れた。

 かなり悔いの残る投球となってしまった。試合後には「抑えられなくて情けない」と話し今後については話さなかった。プロ12球団が上位候補に挙げる森投手、正直素材型で時間をかけてプロで成長する事が大事だと思う。今年のドラフト会議で注目の一人となりそうだ。

プロ注目の東福岡・森散る/福岡大会 - ニッカンスポーツ・コム:2012/07/26

 東福岡のプロ注目の左腕、森雄大投手(3年)の最後の夏が終わった。準々決勝で福岡大大濠戦に先発し5失点。1回は2四球と2安打で2失点。2回も自らの一塁への悪送球などで無死満塁とし、1死も取れずにベンチへ下がった。1回途中で左手中指にできたマメがつぶれていたが「自分が投げなきゃいけなかった。抑えられなくて情けないです」。進路については「まだ終わった気がしません。明日も試合があるような気がして…」と明言しなかったが、上位候補としてリストアップされており、プロ志望は揺るがない。全文はニッカンスポーツ・コムのサイトをご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント