龍谷大平安・高橋大樹選手、ノーヒットも決勝進出 阪神が視察!

高橋大樹, 龍谷大平安

 京都大会では龍谷大平安vs福知山成美の準決勝が行われ、注目の龍谷大平安・高橋大樹選手は3打数ノーヒットだった。しかしチームは6-2で勝利、2年連続となる甲子園にあと一歩となった。

 この試合には阪神・菊池東日本統括スカウトなどが視察していた。

 昨年の準決勝でも福知山成美と対戦し、その時は高橋選手が2打席連続の130m級ホームランを放ち、来年のドラフト上位候補と評価された。今年は予選ではホームランは無く昨年よりは成績には寂しい状態だが、足などでチームを引っ張ってここまで来た。昨年見せた長打力を見ればドラフト上位候補なのは変わらない。

高橋不発も龍谷大平安が王手かける - デイリースポーツ:2012/07/26

 龍谷大平安が2年連続の甲子園出場に王手をかけた。プロ注目のスラッガー高橋は阪神・菊地東日本統括スカウトらが見守る中、3打数無安打1死球。快音こそなかったが、同点の四回2死満塁、平城の二塁内野安打で二塁から一気に生還。足で決勝進出に貢献した。高橋は「(中前に)抜けたと思った。1本でかえる練習はずっとしてきた」と胸を張った。


PAGE TOP