北見柏陽の左腕・山内悠生投手が144キロ、5球団視察し「チャンスがあればプロ志望届出す」

2024年ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 埼玉西武ドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース オリックスドラフトニュース 巨人ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

北見柏陽は序盤に3点を勝ち越される展開となり、146キロ左腕のエース・山内悠生投手が4回のピンチから登板した。

スポンサーリンク

144キロ

北見緑陵高に3点をリードされた4回、なおも1アウト1、2塁のピンチで山内悠生投手が登板する。山内投手は184cm87kgの大型左腕投手で最速146キロを投げる投手として注目されている。

4回のピンチは、まず4番を三振で2アウトにすると、四球で満塁としたもののピッチャーゴロで追加点を与えなかった。チームは7回にようやく追いつき、8回に勝ち越した。しかし山内投手が同点に追いつかれる展開となり、9回に自ら決勝の犠牲フライを打って勝利したものの、「フォームが安定しなかった。気合が入りすぎたので、次はもっと楽に投げたい」と話した。5回2/3を投げて4安打9奪三振4四死球で2失点という内容だった。

この日は北海道日本ハムが3人態勢で視察したほか、埼玉西武、横浜DeNA、オリックス、巨人の5球団が視察し、横浜DeNAのスピードガンで144キロを記録した。山内投手は「チャンスがあればプロ志望届を出すつもり」と話す。

この日は紋別高校が勝利し、次に北見地区の代表をかけて戦う事が決まった。150キロ右腕・池田悠真投手との対決となりそうで、多くのスカウトが注目する試合となりそうだ。

夏の高校野球・北北海道大会(2024)の注目選手、ドラフト注目度B・更新あり
夏の高校野球北北海道大会の注目選手を紹介します。全国的に見ても素質が高くて球速も150キロに到達している投手が2人おり、注目の地区となりそうだ。ドラフト注目度B。
2024年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

山内5回2/3、2失点、いざ代決決戦 ー 日刊スポーツ北海道版

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント