夏の高校野球・茨城大会(2024)の注目選手、ドラフト注目度B

2024年ドラフトニュース 2025年ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース

夏の高校野球茨城大会の注目選手を紹介します。ドラフト注目度B。

スポンサーリンク

注目選手

常総学院の小林芯汰投手は、順調に成長をしており149キロを記録する。また春の関東大会ではホームランも量産するなど打撃でも力をみせており、まだ底が知れないところがある。182cm87kgの右の大砲の・武田勇哉選手も今年に入ってからは目立っていないが、昨年は春・秋と関東を代表するスラッガーとしての活躍を見せていた。

鹿島学園の中根健太郎選手が左から143キロの球を投げ、打ってもホームランを量産している。清真学園の川口颯大投手は182cm82kgの体から145キロを記録しており、2種類のスライダーをマスターして打たせて取る投球も見せている。

その他の選手

常総学院は大川慧投手も185cm84kgの体から145キロを記録する。兄も速球派として活躍しており、小林投手とともに注目したい。1番の丸山隼人選手、2番の若林佑真選手も足を使った攻撃に優れており、下位打線も繋いでいける。捕手の片岡陸斗選手も評価が高い。

鹿島学園は大窪健介投手も130キロ中盤の速球で抑える投手で、2年の東原大知投手は185cmの長身から伸びのあるストレートを投げ、130キロ後半を記録している。

霞ヶ浦は捕手の羽成朔太郎選手が180cm80kgの体があり、二塁送球1.9秒の強肩。2年生の市村才樹投手が186cmの身長があり、ゆったりとしたフォームから投げるストレートは130キロ中盤で、来年には注目されるようになりそうだ。

土浦日大はショートも守るようになった大井駿一郎投手が球威が出てきてリリーフで抑える。外野手に転向した中本佳吾選手は俊足で広い範囲を守り、広角に打つ打撃も魅力。

明秀日立は台湾から留学してきた李玟勲選手が練習試合で4番を打ち、183cm88kgの体格から鋭い当たりを飛ばす。2年の矢口樹投手が180cm77kgの体から130キロ後半を記録しており来年が楽しみ。

常磐大高校は2年生の沢畑壱心投手が130キロ後半の速球にキレの良いスライダー、カーブ、フォークで三振を奪う。3年の山本孟康投手は143キロのパワーピッチングで、1年の仲本寛投手も中学で142キロを記録した力がある。

水戸第一の小川永惺投手は143キロの速球を投げ、ランナーを出しても粘りの投球をする。2年の古宮寛之投手はスライダーを使って打たせて取るピッチングが持ち味。

水戸商の青木蓮選手は2年時から142キロの球を投げる。内野手として打撃でもチームを引っ張る。太田西山の関景介投手は、幅広い指導を行う肥田監督の元に145キロ右腕に成長した。つくば秀英の羽富怜央投手は176cm82kgの体から力強い球を投げる。取手松陽の関根星太投手も142キロの力のある球を投げる。

藤代の一條尊琉投手は伸びのあるストレートを投げる。水戸啓明の岡田芯ノ輔投手も141キロを記録し制球が安定していてピンチで登板してくる。磯原の梶本哲翔投手も141キロを記録する。下妻一の大嶋瑛心投手は投げては140キロ、打っても高校通算16本の二刀流で逆方向にも運べる。土浦一の大関祐投手も139キロを記録しており楽しみ。

2024年度以降-高校生-茨城県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント