夏の高校野球・新潟大会(2024)の注目選手、ドラフト注目度C

2024年ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース

夏の高校野球新潟大会の注目選手を紹介します。ドラフト注目度C。

スポンサーリンク

注目選手

帝京長岡の茨木佑太投手はプロ入りした兄よりも恵まれた187cm92kgの体格がある。球速も150キロ近くを期待したが現時点では144キロも、将来は更に速くなるのではないかと期待でき、多くの球団のスカウトが視察に訪れている。

その他の選手

帝京長岡は茨木投手とバッテリーを組む2年の有馬凛空捕手もプロがすでに注目している。盗塁を次々と刺す強肩と、ホームランも打てる長打力がある。打率を残せる3番の渡辺侑耶選手、制球力の良い控えの小林真大投手など好選手が集まる。

中越はエースの高橋駿臥投手がバランスの良いフォームから142キロの速球を投げ、伸びのある球で三振をとれる。捕手の樋口優志選手も179cm80kgの体があり、バッテリーで注目されている。2年生の石山愛輝選手も俊足が光って打球も強い。

日本文理は2年時から130キロ後半を記録していた倉石健亮投手が143キロまで球速を伸ばし、持ち前のコントロールの良さも定評がある。丸山慶人投手も178cmから140キロの速球を投げるが、緩急を使って速球を活かす投球をする。捕手の上野翔斗選手は二塁送球1.8秒を記録、足や長打力もあり経験も豊富。体のある本田愁聖選手、宇野純平選手などの強打も楽しみ。2年生の渡部悠太投手も130キロ中盤を記録している。

開志学園の吉村遥喜選手は体は174cmと大きくないものの、スイングスピードは151キロで、逆方向にもぐんぐん伸びる打球を飛ばす。肩も強くて送球も注目される。齋藤康太選手は187cm82kgの右の大砲で、春はバックスクリーンへのホームランを放つなど高校通算19本。投手は184cm97kgの大型左腕・緑川悠斗投手がおり、春は不調で登板がなかったが夏に復活をかけている。

東京学館新潟は森田蒼生遊撃手の肩に注目、投手としても140キロを記録する。2年生投手の河住柊哉投手、小川晴翔投手の球の勢いにも注目。

関根学園は183cmの右腕・佐伯大和投手が角度のある球が魅力で、篠原颯太選手は184cm82kgの左の強打者、長打力が魅力。

新潟明訓は2年生が中心で、田村洸太郎投手は力強い球を投げるエース格、辻林海投手もスライダーを活かす投球で実戦で好投を見せる。180cmの右の権平幸太郎選手も1年時から期待の選手。

北越の渡邉樹希投手はこの春に球速が10キロ程度速くなって143キロを記録、急成長している。加茂暁星の真保龍聖投手は2年時から130キロ中盤の速球を投げており、スライダーも良い。六日町の貝瀬真那投手は171cmと体は大きくないが、130キロ中盤の速球は伸びのある質の良い球。新発田南の小林佑投手は184cm81kgの長身左腕投手で角度がありインコースにも決められる。

2年生では糸魚川の中沢克斗選手が180cm92kgの体がのある左の強打者。新発田農の池上健太選手は184cm97kgの体があり1年で4番を打つと、今年からは捕手としてチームを引っ張る。

2024年度以降-高校生-新潟県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント