夏の高校野球・大分大会(2024)の注目選手、ドラフト注目度A

2024年ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース

夏の高校野球大分大会の注目選手を紹介します。プロ注目の150キロ右腕が2人おり、他にも140キロ後半を投げるハイレベルな投手がそろうので、ドラフト注目度A。

スポンサーリンク

注目選手

佐伯鶴城の狩生聖真投手は186cm72kgの体格から152キロの速球を投げる。体はできつつもまだ線は細く、それでいてこの球速は将来が非常に期待される。

ライバルの津久見・佐伯和真投手も185cm78kgから150キロに到達した。フォームのバランスもよく球の力強さも非常に魅力で、打撃の評価も高い選手。

中津東の金田龍乃介投手も、佐伯鶴城を相手に148キロを記録し、視察したプロのスカウトにアピールした。175cmと二人に比べると上背はないが、常時140キロのストレートで押し込むパワーピッチングができる。

大分国際情報の寺尾凌太投手も173cm73kgから146キロを記録し、各高校のエースがお互いを引き上げるように成長をした。

その他の選手

注目投手が多い中でも勝ち上がりそうと予想されるのは明豊の野田皇志投手。球速も144キロを記録しているが、多彩な変化球をしっかりとしたコントロールで投げられる投手で、安定感では一枚上手。明豊はセンバツでサヨナラ打を打ち、U18代表候補にも入った石田智能選手、高校通算19本塁打の芦内澄空選手、50m5.9秒の木村留偉選手と髙木真心選手など抜き出た武器がある選手が並び、投手も一ノ瀬翔舞投手が138キロ、2年の大浦崇輔投手が140キロを記録、1,2年生も有望な選手がいる。

佐伯鶴城は野手としてプレーする井上功大選手も145キロを記録し投手としても力がある。

鶴崎工業はエース左腕の松尾寛輝投手が130キロ中盤の球で強気なピッチングをみせるが、そのリードをするのが2年生の桝田龍之介捕手で、こちらも4番を打ち強肩を見せつける。

柳ヶ浦の中山英政投手は172cmの右腕で143キロの速球を投げるスピードが武器の投手。大分工業の工藤忠伸投手は138キロ左腕投手でカーブを上手く使う。

大分舞鶴の野上大耀選手はヒットを量産する安打製造機で広角に打ち分ける。

2024年度以降-高校生-大分県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント