夏の高校野球・広島大会(2024)の注目選手、ドラフト注目度A

2024年ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース

夏の高校野球広島大会の注目選手です。ドラフト注目度A。

スポンサーリンク

注目選手

広陵の高尾響投手は172cm73kgの体のサイズに文句をいえない投球を見せている。148キロのストレートは低めにうなりを挙げ、変化球も捕手のミットに吸い込まれる。非常にハイレベルな投球にプロも注目している。只石貫太選手は1年秋に4本塁打を放っており、センバツでも右のスラッガーとして打席の雰囲気に圧倒された。この春は右手親指を骨折し出場はなかったが、捕手としての能力ももちろん高く、打撃だけの評価でも今年の右打者のトップクラスに入る逸材。

海田高の松本遼太投手は180cm82kgの右腕で最速は145キロを記録し、春に広島大会準優勝にチームを導いた。その投球は夏にさらに花開きそう。

神辺旭は140キロカルテットが注目されるが、冨原朔投手は173cm67kgと体が大きくないものの、149キロを記録して話題となっている。

その他の選手

広陵は2年時から注目の浜本遥大選手が力がある。春は左手有鉤骨骨折のために中国大会を欠場したが、打線に欠かせない存在。春にスタメン入りし長打を連発した枡岡憲志選手、俊足の田村夏芽選手、長打を打てる土居湊大選手など打線も全国クラス。左腕の山口大樹投手は146キロを記録し、2年生の堀田昂佑投手も183cmから143キロをなげておりポテンシャルが高い。他に2年生の北村太一選手は打撃が抜群、白髪零士選手はセカンドに転向したが守備の動きが良い。

神辺旭は小土井一皓投手が185cmから146キロのストレートと大きなカーブを投げる。外野手の高岡昇汰選手は180cmの左投げ左打ちの選手で打撃も注目され、投手として142キロを記録する。中司勝也選手は内野手でプレーし、投手としても140キロを記録する。

広島商はエースの菊池遥陽投手が143キロの重いストレートを投げるが、春は故障のために離脱した。しかし西川雄也投手が142キロのキレのある球を投げて台頭した。正確な送球が注目の米田歩生捕手がリードする。

広島国際学院は藤野大志投手が140キロを記録するも制球力の良い投手で安定したピッチングをする。村上大地投手も140キロを越えており、攻めのピッチングが魅力。

近大福山は赤田有投手が180cmの左腕で140キロを記録しているが、182cm右腕の出口謙心投手も140キロを記録、きれいなフォームで角度も良い。2年の藤原康貴選手が184cm99kgの左の強打者で圧倒的な打撃を見せ、3年の石田怜士選手も体は大きくないが1番で強い打球を打つ選手。

広島新庄は技巧派右腕の石津慶太投手が侍ジャパンU18代表候補の選出され注目されるが、左腕の平川絢翔投手もストレートで空振りが奪える投手。

武田高校の神田優作投手は鍛えられた体から146キロのストレートを投げ威力十分。アメリカ留学から帰国した山本盛世歩選手も投打に力がある。

崇徳の井上幸介投手は140キロの速球で押すピッチングをし、主軸の末廣颯人選手はきれいに振り抜いてスタンドに運ぶ打撃が魅力。

尾道はエースの田原永遠投手が変化球をうまく使う安定度抜群の投球をし、リリーフの守内滉人投手が140キロ台のストレートで押す。

広島国泰寺の藤尾壱大投手は180cmの長身から角度ある球を投げ、中屋亮太投手は184cmの左腕でこちらも角度がある。

市立福山の村上照幸投手は178cmの右腕投手で140キロのストレートを投げ、実戦で投球に磨きがかかっている。

呉港の伊藤光来投手を上手くリードする。伊藤投手もキレの良いストレートが魅力。山陽の大内和輝選手は高い身体能力を生かしたプレーを投手・野手として見せている。広高の児玉賢哉選手は送球の良さが評価される。

英数学館は183cm右腕の大坪翼投手、巧みな打撃の岡田陽太郎選手、筒井陽太選手がおり、4番の鈴木海道選手は長打力が魅力。

盈進高は2年の安間漣選手が1年時から中軸を打つ打力に投手としても力があり、山本蒼空選手も主軸を打っている。

2024年度以降-高校生-広島県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント