夏の高校野球・栃木大会(2024)の注目選手、ドラフト注目度A

2024年ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース

夏の高校野球栃木大会の注目選手です。各高校に全国トップクラスの右腕エースがおり、ドラフト注目度A。

スポンサーリンク

注目選手

白鴎大足利の昆野太晴投手は180cm80kgの右腕で、ワインドアップフォームから投げるストレートは152キロを記録。変化球勝負の時はやや腕が緩み、マウンドの雰囲気的にも変わる所があるが、コントロールに苦労することもあまりなく、ストレートも狙っても前に飛ばない球威もある。

作新学院の小川哲平投手も183cm85kgの右腕で最速は147キロを投げる。1年時からその投球は圧倒的だったが、2年から3年までに勝てる投手になるために、質の良い140キロの球を投げることを目指した所、ストレートのボリュームがやや薄れ、カットボールなど変化球中心の投球をするようになった。最後の夏はもともとイメージされていた剛球投手として高校野球を終え、上のステージに進みたい。

文星芸大付の堀江正太郎投手は187cm82kgの右腕投手で最速は146キロを記録する。二人にもまさるとも劣らない実力があり、キレの良いスライダーとのコンビネーションが素晴らしい。

佐野日大の2年・洲永俊輔投手は180cmの左腕投手で最速146キロの球を投げ、来年が非常に注目される投手だ。

その他の選手

白鴎大足利や2番手投手の山口幸大投手も170cm70kgの右腕で最速144キロを記録、春の大会では昆野投手と双璧で強打の相手を抑えた。1番を打つ松浦舜選手は186cmの体格があり、打球がフェンス直撃をする痛烈な当たりを飛ばす。

作新学院はサイドハンド・石毛虹晴投手、大塚玄喜投手などが継投をしていく形もあるが、やはり小川投手がずば抜けており少しでも差を縮めたい。打線では俊足の1番・齋藤健之介選手から廣田瑠稀哉選手などの主軸へつなげていく。捕手の岩出純選手の能力も高く、小森一誠選手や2年の小川亜怜選手、柳沼翔選手、土井雄一郎選手なども戦力になる。

文星芸大付は吉田大和投手も182cm82kgの右腕投手で141キロの球を投げる。また141キロ右腕の中野泰生投手が捕手としてプレーもしている。

佐野日大は3年の福田昂ノ甫投手も143キロを記録する実力がある投手。2年の井上遥翔選手は178cm83kgの左のスラッガーでその強打に期待が集まる。

青藍泰斗の山田蒼空投手はも春に140キロを記録し成長している。また2年の佐川秀真選手は1年夏からショートを守り、2年で主将を努めている。

小山南の左腕・八木橋凌真投手は、この春に33回を投げて56奪三振の大会記録を打ち立てた選手で注目される。宇都宮商の山崎翔大投手は183cmの右腕投手で、130キロ後半の速球とコントロールで勝てる投手。宇都宮短大付の市川莉久投手も141キロ力のある球を投げる。

栃木工の赤羽根陽向投手も130キロ後半の速球を投げる左腕投手で、春は文星芸大付を8回無失点に抑えた。石橋高の入江祥太投手は180cmの右腕投手で130キロ後半の速球を投げる投手。

国学院栃木の高橋心春空選手は、1番ショートで主将としてチームを引っ張る。

2024年度以降-高校生-栃木県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント