夏の高校野球・徳島大会(2024)の注目選手、ドラフト注目度A

2024年ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース

夏の高校野球徳島大会の注目選手を紹介します。毎年注目投手が出るが、今年は1位指名候補もおりドラフト注目度A。

スポンサーリンク

注目選手

生光学園の川勝空人投手は、180cm85kgの体格から153キロを記録する。パワーで投げているように見えるがフォームもしっかりしており、ストレートは高めに浮かずに低めに叩ける。変化球もうまくかかって低めに鋭く曲がる。今年の高校生右腕ではトップクラス。

阿南光の吉岡暖投手はセンバツでも登板してすでにおなじみの全国区の投手。182cm79kgのでバランスの良いフォームから、146キロのストレートは回転も良い。変化球も一通り投げることができ、試合を支配する事ができる投手。

その他の選手

阿南光は福田修盛選手は180cm89kgの左の打者だが、強肩に加えて50m6.0秒で走る足がある選手。スイングもパワーがあり、楽に外野の頭を越える打球を飛ばす。左腕投手としても130キロ中盤を記録する。捕手の井坂琉星選手も50m6.0秒の足と強肩があり、西村幸盛選手や外野手の福嶋稟之介選手、戸田大貴選手も50m6.0秒前後で走るスピードがある。

生光学園は大山健志投手も185cm82kgの大型右腕投手で、春に川勝投手が投げない時に練習試合で登板し経験を積んだ。夏は2枚看板で活躍を見せたい。

鳴門は2年の大門遼平投手が173cmの右腕で141キロを記録し、好投を続ける鳴門のエースというタイプ。3年の酒部理育投手は180cmの右腕で130キロ後半の球に伸びがある。2年の橋本朋来選手も三塁手として出場し、リリーフで登板して130キロ中盤の球を投げる。リードする上原知也捕手も遠投120mの強肩。

昨夏覇者の徳島商は、180cm右腕の吉本寿麻投手がエースとして期待されたもののあまり登板が無い。主将の三塁手・吉田大馳選手や、50m5.9秒の横手亮汰選手などを中心に2年生投手が抑えて連続甲子園を目指す。

池田高校は香川大翔投手が165cmと上背はないものの140キロ中盤の球威あるストレートを投げて注目される。長打力のある北田悠人選手は、強肩捕手の關口赤彗星選手など攻撃でも勝ちたい。

城東高は岡一成投手が178cm81kgの体から142キロを記録し球の強さが魅力。2年生の藤倉和人投手も173vmの左腕で140キロを超す球をなげている。186cmの大型捕手・島凛太朗選手が投手をリードしたい。

徳島科学技術は左腕の宮内侃丈投手が130キロ後半を投げるサウスポーに成長した。走攻守三拍子そろう川原康聖中堅手も注目。

富岡西も173cm左腕の芝山亮投手が140キロを越しており、県屈指の強肩捕手・川田響介選手がしっかりとリードする。

穴吹は相原幹斗選手が175cm86kgの体格から特大のホームランを放つ。2年の滝上投手も130キロ後半の球を投げる。

徳島北の日下誠士投手は141キロを記録し捕手としても強肩。2年の赤澤悠哉投手が179cm92kgの体格があり130キロ後半の速球をなげていて140キロ突破は近い。俊足の高瀬大輝選手もチェック。

鳴門渦潮の岡田力樹投手は176cmの右腕投手で140キロを記録する力強い球を投げる。脇町高の三宅悠翔投手も130キロ後半の球をなげており140キロに期待。板野高校の佐坂翔太投手も2年で140キロを記録している。

小松島の東山拓叶選手は俊足のチームの中で、センターとして快足を飛ばしまくる。城南高の松尾昭汰選手もベース1周13秒97の足が魅力。

2024年度以降-高校生-徳島県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント