夏の高校野球・愛媛大会(2024)の注目選手、ドラフト注目度B

2024年ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース

夏の高校野球愛媛大会の注目選手を紹介します。将来が楽しみな選手が多く、2年生も素質の高い選手が多いため、ドラフト注目度B。

スポンサーリンク

注目選手

松山商の林颯太投手は174cmの右腕で144キロを記録する。2年時からエースとして投げており、経験も積んで最後の伸びに期待したい。

昨年、河内投手が急成長しドラフト2位で指名された聖カタリナは、190cm80kgの有馬恵叶投手が140キロに到達してきた。角度のある球で今夏も衝撃を受けるかもすれない。

今治西の福岡怜也選手は182cm80kgのスラッガーで、昨秋の四国大会で2本塁打を放っており、右の大砲として注目したい。

松山学院の相曽暁捕手は178cmの体があり、二塁送球は1.8秒台を記録する。四国屈指の強肩捕手としてこちらも注目。

その他の選手

松山商は一塁手の大垣奏真選手も175cmの投手として144キロの球を投げる。強肩の大西利来捕手が二人をリードする。

今治西はエース左腕の渡地琥太郎投手がバランスの良いフォームから130キロ後半の速球を投げ安定している。163cmと上背はないが長打力のある長田雄大選手も福岡選手とともに打撃で貢献する。

宇和島東は豊岡健汰選手が173cm98kgの体格で強い打球を飛ばすが巧みな打撃も見せる。柔らかい左打席からの打撃をみせる櫻井健大選手、165cmの捕手で二塁送球1.9秒台の高岡颯選手に、2年の白井太陽選手のスイングの力がある。投手は2年生の菊澤敬飛投手と川口颯太投手がともに130キロ台後半を記録し、競い合って来年が楽しみ。

小松高は3年生の日野翔貴投手が130キロ中盤を記録するエースで、2年の定成悠信投手、村上颯希投手も同じくらいの球速を記録する。打線も右のスラッガーとして注目さっる薬師神克弥選手と、俊足の外野手で長打も出せるようになった江口勇勝選手が強力。

聖カタリナは3年生左腕の寺井凌大投手と右腕の菊地吏紗投手も130キロ後半を記録しており、投手力育成が素晴らしく、分厚い投手陣で勝ち上がる。

済美は坊っちゃんスタジアムでスタンドに運んだ中村昂太選手やショートの大塚凌太朗選手が、ともに170cm前後ながら長打力を見せる。

松山聖陵は180cm82kgの左腕・呉屋龍星投手が2年時から力をみせていた。春は故障をしたが夏に復活を目指す。松山工の日野柊斗投手は180cm65kgの右腕で141キロを記録、この1年で体が太くなり球速が出たがまだまだ線が細く、更に成長が期待できる。北宇和高の佐々木了投手は180cmの左腕投手で将来性に評価、松山東の本山大智投手は175cm82kgの右腕で141キロを記録している。学力も優秀で医学部か東大の野球部入りを目指している。

川之江の曽我部夏向選手が攻撃的一番打者で鋭い打球を打てる。松山北の門屋蒼選手は155cm55kgと小柄だがショートのプレーが評価され、足の速さでも県屈指の選手。2年の河原翔選手もスピードでは負けていない楽しみな選手。

2年生では西条高の宇佐美球児投手が178cmの左腕投手で140キロを越えてきており、90キロ台のカーブを織り交ぜるなど緩急をつけたサウスポーとして期待十分。新田の当真嗣胤投手も180cmの右腕投手で、線が細いがこちらも140キロを越えている。新田は2年の重野育夢選手、拝志晟拳選手、松田大志選手や1年生も積極的に起用されている。

2024年度以降-高校生-愛媛県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント