再来年は当たり年!~高校野球地方大会を終えて5

前野幹博, 中山悠輝, 鈴木翔太, 中村祐太, 白鳥翔, 深見俊介, 中辻神司, 上原嵩大, 平田奨, 青島凌也, 佐藤雄偉知, 高濱祐仁, 浅間大基, 国松歩, 松井裕樹, 安楽智大

 目立った1年生、2年生

  プロのスカウトは今年のドラフト候補をチェックすることはもちろんですが、来年以降のドラフト候補もこの時期にチェックをしています。特に高校1年生が彗星のごとく現れ輝くと、また楽しみが増えた気分になります。今年も多くの1年生、2年生が活躍しました。来年、再来年のドラフト会議に名前が出てきそうな、そんな選手達をピックアップします。

 来年のドラフト候補、注目された2年生

 来年のドラフト候補として最も注目されたのがPL学園の前野幹博選手、1回戦で中日、東北楽天、MLBのツインズのスカウトが視察すると、4回戦にも横浜DeNAなど4球団が視察した。前野投手はスラッガーとしても注目されているがマウンドでも4安打完封を見せ、投手としての力も見せ始めている。

 同じく昨年に1年生コンビとして注目された中山悠輝選手は下位打線ながら8打数5安打2打点を記録し、前野選手のライバルとして成長が期待される。

 また兵庫県の無名校・三田松聖にも注目選手がいる。185cmの大型左腕投手で1年生の時に145kmを記録していた中辻神司投手。初戦敗退で見るチャンスが少なかったが、その試合に合わせて広島など4球団が視察している。

 もう一人、左腕投手で注目されているのが大阪・大産大付の平田奨投手。こちらも183cmの身長から143kmをマークしていおり、中辻投手と並んで注目の大型左腕。千葉ロッテ、巨人など6球団のスカウトが視察した大手前との試合では、リリーフで登板し2回を全てストレートで3奪三振を記録するパワフルなピッチングを見せた。

 一関学院・白鳥翔投手も注目されている。春季大会で登場した186cm87kgの大型右腕、球速は130km台だが北海道日本ハムなどがマークをしている。大谷翔平投手が160kmを出した試合で4回途中で8安打と打ち込まれ降板した。この悔しさと共に大谷投手の160kmを見たことでバトンを受け継ぎ、大きく成長して来年もまた岩手に注目を集めるのではないかと思う投手だ。

 静岡・聖隷クリストファーにも注目の投手が登場した。鈴木翔太投手は143kmを記録し、4回戦1安打完投、準々決勝3安打完封、そして準決勝は延長13回まで無失点、14回にサヨナラ負けを喫したが抜群の安定感でチームをベスト4まで導いた。183cmの大型投手でもあり来年が楽しみだ。

 一方既に高い評価を固めながら活躍できなかった投手がいる。関東一・中村祐太投手だ。既にセンバツでも好投し来年のドラフト上位間違いなしという評価を得ているが、この夏は股関節を痛めて背番号1を譲り活躍ができなかった。1年生から活躍してきた中村祐太投手の復活が期待される。その背番号1を受け継いだのも同じ2年生の上原嵩大投手だった。上原投手は138kmのストレートで豊南戦で2安打10奪三振を記録して力を示した。こちらもライバル関係を築き、競い合って成長していくでしょう。

 最後に輝きを放ったのが桐光学園・松井裕樹投手、横浜高校戦で147kmを記録したストレートと渡辺監督に「高校生では打てない」と言わしめたスライダーで勝利すると、準決勝では横浜DeNAスカウトが視察し、決勝では15三振を奪って神奈川県を制した。6試合68奪三振と驚異の三振奪取率を見せ甲子園でも目が離せない存在となりそうだ。

 その他、巨人・阿部捕手の出身高・安田学園の深見俊介捕手に巨人がマークをしている。阿部捕手のようなスラッガータイプではないが、確実性の高い打撃とセカンドまで1.9秒という強肩でポスト阿部として来年の指名があるかもしれない。

 

 当たり年になりそうな再来年、注目された1年生

 桐光学園・松井投手の前に敗れたものの、横浜高校の2人の1年生スラッガーは再来年のドラフト注目の目玉となる。浅間大基選手は中学時代に新宿シニアで大活躍し、日本代表の4番として2本塁打を放った東のスラッガー。走塁でも能力が高く1番を打つと、4回戦で公式戦第1号となるホームランを放ち、続く5回戦では2試合連続弾を放った。早くも横浜の核弾頭として注目されている。

 もう一人の高濱祐仁選手、現千葉ロッテの高濱卓也選手の弟で中学時代は福岡県のボーイズチームで30本以上のホームランを放った西のスラッガー。春季大会から4番を打つと今大会も初打席で推定120mの場外3ランホームランを放つと、5回戦では浅間とアベックとなるホームランを放った。この二人はこのまま成長すれば二人ともドラフト1位で消えることになるだろう。

 同じ神奈川でライバルとなる東海大相模にも1年生投手2人が登場した。青島凌也投手は愛知県出身で中学時に軟式の大会で全国準優勝、多くの高校から誘いを受けたが東海大相模を選んだ。入学後すぐに138kmを記録し今大会でも2回戦で11奪三振を奪い8回無失点に抑えた。
 この試合9回に登板したのが同じく1年生の佐藤雄偉知投手、9回で2つの三振を奪う投球を見せた。青島投手とは違い地元相模原出身で実績も少ないが、190cmの長身で144kmを投げる素質の持ち主。実績の青島と素材の佐藤、この二人がどんな成長を見せるか、そして横浜高の高濱、浅間とどんな戦いを見せていくのか、神奈川が熱くなりそうだ。

 静岡にも登板を心待ちにされていた投手がいる、静岡商・国松歩投手だ。中学時に140kmを記録し静岡県内で無敵の活躍を見せた。多くの高校から誘いを受けたが地元の高校に進学、春からいつ登板するのかが話題になっていたらしい。2回戦の御殿場西戦で延長14回の思わぬ苦戦を強いられると、14回1アウト2塁のピンチで登板して抑えた。そして準決勝の静清戦では先発すると8回を5安打1失点と好投、噂に違わぬピッチングを見せた。

 最も注目されそして期待されたのが、済美・安楽智大投手だろう。186cm90kgの大型右腕は準々決勝の松山商戦で先発すると、強豪を4安打8奪三振で1失点に抑えて完投した。 決勝の今治西戦でも先発すると、ストレートは148kmを記録、完投して4安打に押さえるも、試合巧者の今治西に3点を奪われ、2-3で甲子園出場を逃した。しかし全国に安楽投手の名前は一気に広がり、早くも2014年ドラフト会議の目玉とされている。

 

 来年、再来年も高校生から目が離せない。特に2014年は投打に怪物がいる。そしてこの選手を目標に世代全体が成長を見せるだろう。今から楽しみで仕方ない。


PAGE TOP