各球団の隠し玉候補!~高校野球地方大会を終えて4

福田真也, 金井貴之, 滝中瞭太, 西川顕人, 秋元秀明, 水戸海人, 辻東倫, 竹安大知, 安田悠飛

 各球団が注目する隠し玉候補

 大谷翔平投手や高橋大樹選手など、多くの球団が集まる注目選手がおり、その選手を視察して評価するのもスカウトの大切な仕事ですが、他球団が見ていないような隠し玉候補を視察し情報を集めることも、夏の地方大会では重要になってきます。噂どおりの選手なのか、噂以上の選手なのか、練習試合やブルペンでは良かったが実戦での戦いぶりはどうなのか。新聞に報道されている時点でもう隠し玉候補ではないですが、各球団が視察をした選手をピックアップします。

 投手編

 佐世保工の西川顕人投手は球速は130km台ですが190cmの長身から投げ下ろす速球に威力がある左腕投手で、育成枠で入団しチームの将来のエース候補と期待される横浜DeNA・国吉佑樹投手のような感じで成長するのではないかと期待されており、横浜DeNAや巨人など6球団のスカウトが視察しています。

 此花学院・福田真也投手は1年生で高校を転向したため昨年1年間は公式戦に出場できませんでした。ですが練習試合などでは153kmを記録したと話題になっていた投手でした。この夏、公式戦出場解禁となると、巨人、阪神、中日、千葉ロッテにメジャーリーグのツインズが視察に訪れました。課題の制球難が露呈し投球内容はよくありませんでしたが、それでも148kmを記録し噂に違わぬ速球の力を見せました。

 都立片倉高校は今年ベスト4まで勝ち上がりました。145kmを投げた金井貴之投手も転向により昨年は登板できず、今年公式戦解禁となった投手です。春季大会で145kmを投げて話題となりましたが、この夏に強豪を抑えてベスト4まで勝ち上がり力をみせました。試合には巨人のスカウトが視察に訪れています。

 滋賀・高島高の滝中瞭太投手も無名な高校ですが最速144kmを記録する隠し玉候補。長浜農との対戦では107球の内、変化球はわずか1球のみというピッチングを見せて話題となりました。この試合には巨人、広島、中日などが視察し、その後の試合では6球団が視察、高い評価を受けています。

 伊東商の竹安大知投手も隠し玉候補、182cmから141kmを投げる本格派の投手で、広島、福岡ソフトバンク、北海道日本ハムが視察、この試合で9安打7奪三振で完封しています。

 能登半島の鹿西高に安田悠飛投手という候補がいます。177cmの左腕で141kmを投げ、今大会2回戦では18奪三振を記録、この試合に北海道日本ハムのスカウトが訪れています。

 三浦学苑・秋元秀明投手は186cmの大型右腕で142kmを記録、1回戦でノーヒットノーランを達成しています。次の試合には横浜DeNAなど3球団が視察しています。

 野手編

 菰野高校の辻東倫選手、高校通算35本塁打を放つスラッガーですが日生二戦で130m弾を放ち、この試合を視察していた巨人、横浜DeNAのスカウトから高い評価をされています。

 立花学園の水戸海人選手は50m5.8秒の快足が持ち味で1回戦でもその足で活躍をみせ、阪神、北海道日本ハムが視察しています。

 

 この中から育成ドラフトなどで指名される選手が出てくると思います。此花学院・福田投手はいかにもメジャーリーグが獲得しそうな投手で、日本の球界から指名されなければメジャーリーグとマイナー契約という形になるのではないかと勝手に思っています。


PAGE TOP