東海大甲府・神原友投手、146kmストレートで4安打完封!

東海大甲府, 神原友

 甲子園で行われた東海大甲府vs成立学園の対戦では、東海大甲府の148km右腕・神原友投手がこの日は最速146kmを記録、成立学園打線を4安打に抑えて完封勝利を挙げた。試合時間は1時間16分とテンポの良い投球が光った。

 神原投手は1食2kgの白米を食べ、1日32kmの走り込みを行った。その結果、入学時は66kgだった体重を88kgまで増えると、ストレートも140kmから148kmへアップ、ドラフト候補となった。

 今春の関東大会では宇都宮工を1安打完封しプロから注目されている。安定度抜群の快速右腕の快進撃が始まった。

東海大甲府・神原が88球で無四球完封 - デイリースポーツ:2012/08/13

 馬力が違った。東海大甲府のエース・神原友投手(3年)が、わずか88球で4安打無四球完封。140キロ台の重い直球で押しまくり、今大会最短の1時間16分で、あっさり試合を終わらせた。

 肉体改造の成果だ。チームは昨年末の合宿で“食べ込み”を敢行。2リットル容器に入った白米がノルマの食事を、吐き気と闘いながら詰め込んだ。さらに冬場は観光地の昇仙峡まで片道16キロを毎日、時には往復32キロをランニング。過酷なメニューで、神原の体重は10キロ増の88キロ、最速も147キロと7キロアップした。

「あれが夏につながった。終盤でも(球威が)落ちなくなった。狙われても、直球で押せたのは大きい」と、右腕の手応えは十分。昨年は高橋周平(現中日)を擁しても届かなかった甲子園。4強入りした04年以来の白星を飾り、快進撃へ最高のスタートを切った。  全文はデイリースポーツのサイトをご覧ください。 

はやっ東海大甲府わずか76分完封/甲子園 - ニッカンスポーツ・コム:2012/08/13

  東海大甲府(山梨)の神原(かんばら)友投手(3年)がこの日の勝負球に選んだのは直球だった。「初球の真っすぐは振るチーム」というデータがあったにもかかわらず。「簡単に三振は取れない。どう早いカウントで打たせるか考えた」。見逃される変化球より力勝負。自己最速にあと1キロと迫る146キロは、今大会最速だ。4安打完封。狙われても押し切れる球威があった。

 

 直球待ちの打者がつい手を出すと、手元で伸びて詰まる。球は高かったが、狙い通り早打ちを誘発して無四球とした。わずか88球。試合時間は最短記録まであと4分という、たったの1時間16分だった。「もう1試合いけます」と笑う神原に疲労は見えない。  全文はニッカンスポーツ・コムのサイトをご覧ください。 

76分で料理!東海大甲府・神原 史上3位スピード完封 - スポーツニッポン:2012/08/13

 余力を残し、東海大甲府・神原が試合を終わらせた。夏の甲子園史上3番目のスピード試合。わずか76分、88球で無四球完封を達成した1メートル80の長身右腕は「(今からもう1試合投げることも)大丈夫です。狙われていた真っすぐで押せたのは次にもつながる」と胸を張った。

 

 最速145キロの直球を武器に、ストライクを先行させた。4回2死まで完全投球。春は背番号10だっただけに「エースナンバーを背負う自覚とプライドを持って投げた」と4安打に抑え込んだ。

 入学直後は66キロだった体重は88キロまで増えた。冬場の走り込みでは片道16キロのランニングコースを往復し、さらにグラウンドでも5キロを追加したこともある。2リットル容器に米を詰め込んだ弁当を平らげ、球速も148キロを計測するまでになった。「冬にずっと走ってきたことが夏につながりました」と、過酷な日々は甲子園で実を結んだ。  全文はスポーツニッポンのサイトをご覧ください。 


PAGE TOP