高校野球、13日目の見どころ

遅くなってしまいましたが、13日目の見どころです。

智弁学園(奈良)   作新学院(栃木)
青山大紀
2年 投手
182cm69kg
右左
多彩な変化球を持つが、146kmのストレートは速く感じる、速球派投手だった。130km台のカットボールのキレも良く、2種類で勝負できるかもしれない。初回に飛ばしたため後半はスタミナが切れた。またスライダーはもっとキレを増したいところだが、投手として特A評価   大谷樹弘
2年 投手

180cm83kg
右左

ガッチリした身体から重そうな140kmのストレートを投げていた。 C
大西佑季
3年 二塁手
172cm67kg
右右
             
中道勝士
2年 捕手
170cm74kg
右左
             
    選手を登録する            

146kmをマークした2年生右腕、智弁学園・青山大紀投手と同じく2年生、作新学院・大谷樹弘投手の投げ合いに注目!

 

日大三(西東京)   習志野(千葉)
吉永健太朗
3年 投手
182cm80kg
右右
148kmの速球を投げる本格派投手。センバツ後は不調だったが予選で復活の投球 A   泉澤涼太
3年 投手
185cm80kg
右右
腰を落としてしっかりとタメを作り、上体がぶれずに腰の回転で腕を振り切っている。腕をムチのように使えて145kmをマーク。素晴らしいバランスとフォームだ。 A
高山俊
3年 外野手
180cm76kg
右左
2年時は1番を打ち俊足を見せていた。今は長打力もつけて5番を打つ A       選手を登録する  
畔上翔
3年 外野手
178cm82kg
左左
不動の3番、冷静なバッティングがひかりチャンスに強い A          
横尾俊建
3年 三塁手
178cm81kg
右右
高校通算55本塁打。いい場面でのホームランに期待したい A          
斉藤風多
2年 投手
180cm80kg
右右
準々決勝でノーヒットノーランを達成した制球力の良い投手。            
    選手を登録する            

強打の日大三打線、エース吉永健太朗は3試合とも完投している。対する習志野は1回戦は泉澤涼太、2回戦は大野駿、3回戦は在原一稀が先発してそれぞれ好投している。春季関東大会では習志野が9-1で勝利しているが、習志野は木村光彦が完投、日大三の吉永は登板していなかった。今日の対戦はどうなるか。


PAGE TOP