大阪桐蔭・藤浪晋太郎投手、151kmマークで決勝進出!

藤浪晋太郎, 大阪桐蔭

 大阪桐蔭の藤浪晋太郎投手が準決勝の健大高崎戦でも151km/hを出し、これでここまで4試合すべてに150km以上を記録するレベルの高さを見せた。この日は力を抜いて球の角度とキレを重視し、低めに伸びるストレートが冴えた。

 これで大谷投手は4試合31回を投げて27安打35奪三振、四死球は9つで5失点、BIG3として大会前から注目され、花巻東・大谷翔平、九州学院・萩原英之、浦和学院、健大高崎と強豪相手に圧巻のピッチングで決勝まで勝ち進んだ。

対戦相手
花巻東 9 8 12 2 2
九州学院 9 6 8 3 1
浦和学院 4 6 6 0 1
健大高崎 9 7 9 4 1
合計 31 27 35 9 5

PAGE TOP