18U世界選手権・韓国戦、大谷翔平投手が先発し155kmストレートで7回まで12奪三振!

  18U世界選手権、5位決定戦の韓国戦では大谷翔平投手が先発、森友哉捕手はスタメンから外れた。

 大谷投手は2回に1失点、5回にはボークで1失点したものの、最速155kmを記録したストレートで、5者連続三振など7回まで12三振を奪った。結局7回を投げて2安打2失点12奪三振という内容だった。

 8回からは佐藤拓也投手がマウンドに登ったが9回にホームランを打たれて1失点した。

 攻撃陣は散発3安打に抑えられ、0-3で敗れ、日本は6位に終わった。

 先発メンバーは次の通り

1 笹川晃平  ライト
2 伊與田一起 セカンド
3 田村龍弘  サード
4 大谷翔平  ピッチャー
5 水本弦   センター
6 金子凌也  ファースト
7 北條史也  ショート
8 高橋大樹  レフト
9 中道勝士  キャッチャー


PAGE TOP