高校野球・西東京大会(2015):ドラフト注目度A

加藤雅樹, 勝俣翔貴, 小藤翼, 田村孝之介, 小玉和樹, 了海航, 中尾将

 日大三、早稲田実など甲子園を制した高校がひしめく西東京、今年はセンバツにも出場した東海大菅生の含めて大激戦となりそうだ。

地区

 昨年秋は東海大菅生が東京を制し、センバツにも出場している。その秋に早稲田実と初戦で戦って大敗した日大三だが、この春は猛打で東京大会を制した。早稲田実業も清宮幸太郎選手が加わった打線で春はベスト8まで勝ち進んだ。その他にも佼成学園が春に準優勝し、実力校が揃う。

 組合せでは日大三のブロックに日大鶴ケ丘が、東海大菅生のブロックには日大二、創価、国士舘が、佼成学園のブロックには国学院久我山が入り、戦いぶりが注目される。

 

注目選手

 ドラフト1位で指名確実というような超目玉はいないものの、特に野手で注目されている選手が多く、ドラフト注目度はA。東海大菅生の勝俣翔貴投手は、昨年秋からセンバツで野手としての評価を確立し、このまま行けばドラフト中位で指名されそうだ。振りの鋭さは高校トップクラスといえる。

 また日大三の小藤翼選手はこの春に5本塁打を放ち、また捕手としても素早いスローイングにプロのスカウトが高い評価をしている。投手の田村孝之介投手も安定感はまだまだも147km/hを投げる力のある投手。

 早稲田実は1年生の清宮選手に注目が集まるが、4番の加藤雅樹選手はここまで通算42本塁打を放っているスラッガー、捕手としての素質も認められれば評価は上がる。ただし早稲田大への進学の可能性もあり、進路にも注目される。

 清宮選手は1年生から甲子園に出場して活躍した清原和博選手のような活躍ができるか注目したい。

 

その他の注目選手

 国士舘の中尾将選手はここまで通算48本塁打を放つ。180cm89kgの体だがパンチ力もあり、50m6.2秒の足もあるという身体能力の優れた選手で隠し玉候補か。国学院久我山の了海航捕手は、セカンドまでのスローイングは1.8秒台の強肩にプロが注目している。中学時のチームメイトだった早実・加藤選手と対戦することを希望するが、そのためには決勝まで進まなければならない。

 佼成学園の小玉和樹投手は、小柄ながらキレのある141km/hの球を投げ、春の大会で準優勝に導いた。中学時代は捕手を務め、俊足もあるなど野手としての可能性も注目したい。

 八王子実践の栗田海人投手、早大学院の嵯峨悠希投手はそれぞれ180cmの身長があり140km/hを記録する力がある投手という。八王子高校の横森拓也投手は173cmと小柄ながら三振を奪える直球のキレと変化球がある。

2015年度-高校生-東京都のドラフト候補リスト (東・西東京の選手が混在しています)

2015年度-高校生捕手のドラフト候補リスト


PAGE TOP