侍ジャパン大学代表、高山俊選手、吉田正尚選手などが活躍、7球団スカウト視察

大学野球ドラフトニュース 侍ジャパン 2015年ドラフトニュース

 侍ジャパン大学代表vs東京ガスのオープン戦、2番に入った高山俊選手は2安打に2つの四死球などでチャンスメークし、3番・吉田正尚選手も1得点の活躍を見せた。7球団のスカウトが視察をした。

高山選手、吉田選手など順調

 投手は田中正義投手、濱口遥大投手といった3年生が軸となりそうだが、打者は4年生が中心となる。明治大の高山俊選手は2番で出場し、初回にショートの内野安打で出塁すると、9回にもセンター前にヒットを放ち、2つの四死球で出塁するなどチャンスメークをした。7回の打席でもセカンドランナーをサードに進める犠飛を打つなど、2番バッターとしての役割も十分果たしている。

 プロでも長打も打てて3割も打てる2番打者という形でも面白いかもしれない。

 また吉田正尚選手は3打数1安打も4回に先頭打者で左中間に2ベースヒットを放つと、その後先制のホームを踏んだ。東京ヤクルトの小川SDは「逆方向にパワフルな打球を飛ばせる」と評価している。東京ヤクルトの課題であるセンターの候補として注目を続けることになりそうだ。

 その他の候補としては5番を打った谷田成吾選手は1本の内野安打と2つの四球で2打数1安打、4番を打った横尾選手は2打数ノーヒットで交代し、代わって4番を打った茂木栄五郎選手も3打数ノーヒットだった。

 

投手陣も好投

 またこの日は先発した東海大の吉田侑樹投手が、3回を投げて3安打を許すも3奪三振で無失点に抑えている。最速は144km/hを記録、リーグ戦では2勝1敗に終わり、大学野球選手権でも初回に4失点して降板するなど調子が良くなかったが、調子は良くなりつつあるか。吉田投手はハーレムでアメリカ打線を8回までノーヒットに抑えているだけに、アメリカ戦で使えるようになれば大きい。

 またこの試合では3番手で登板した2年生の専修大・高橋礼投手が2回を1安打無失点も2つの死球を与えて制球に課題を見せた。また8回に4番手で登板した今年のドラフト候補、東海大北海道・井口和朋投手が四球や暴投2つ、そしてタイムリーで2失点と大乱調、9回はヒットを許すも無失点に抑えたが、課題を見せた。

 大学代表は6月29日にプロ野球選抜と壮行試合を行い、韓国に向かう。

ユニバーシアード出場の侍ジャパン大学代表メンバー決定 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

2015年度-大学生外野手のドラフト候補リスト

 視察した7球団のスカウトの前で、打者としての懐の広さをアピールした高山は「2番は難しいけど、幅が広がる」と納得の表情。

今秋のドラフト候補、吉田正(青学大)は中越え二塁打を放つなど3打数1安打。視察したヤクルト・小川SDは「逆(左)方向にパワフルな打球を飛ばせる」と評価。本番に向けて順調に仕上げている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント