高校野球・富山大会(2016):ドラフト注目度B

堀内卓哉, 若杉玲哉, 石黒良, 中津原元輝, 森圭名, 天池理希, 安達美雲, 河西拓夢

高校野球富山大会の注目選手を紹介します。昨年のドラフトでは直接指名される選手はいなかったが、一昨年は富山商の森田駿哉投手(現法政大)が活躍を見せ、富山第一の幸山一大選手も注目され福岡ソフトバンクに育成1位で指名されている。今年は注目選手がいる。

地区

昨年夏は高岡商が甲子園に出場、2回戦に初戦を迎え関東第一と対戦し、10-12と乱打戦の末に敗れた。秋も高岡商が優勝し富山商が準優勝、北信越大会では4校までが参加をしたもののベスト4までも残れずにセンバツ出場はならなかった。

春は富山第一が優勝し高岡商が準優勝、打倒・高岡商を目標に各チームが戦いに挑む。

注目選手

富山第一の中津原元輝投手は181cm83kgの体があり、144キロの速球はプロ6球団が注目している。上半身と下半身のバランスもなかなか良い。もっと下半身が強くなりそうで成長も期待できる。また2年生の森圭名投手がこの春に142キロの速球で押しまくるピッチングを見せ、勢いと投げっぷりの良さを見せた。来年の候補として注目される。

富山国際大付の若杉玲哉投手は184cm88kgの大型左腕投手。球速も140キロを記録する。プロのスカウトも「もっと体を絞れは力を出せる」と話しており、潜在能力に注目している。

高岡商の堀内卓哉捕手はセカンドまでの到達タイムが1.9秒のスローイングを見せ、強肩強打の捕手としてプロが注目している。

その他の選手

砺波工の天池理希投手は139キロを記録する快速右腕投手、魚津工の安達美雲投手投手も130キロ中盤を記録する左腕投手。

高岡工芸の石黒良投手は138キロを記録するという178cmの右腕投手、不二越工の河西拓夢投手も本格派右腕で成長中とのこと。

2016年度以降-高校生-富山県のドラフト候補リスト

 


PAGE TOP