高校野球・南北海道大会(2017):ドラフト注目度C

2017年夏の高校野球北北海道大会の注目選手を紹介します。昨年のドラフトで指名された選手はいなかったが、北海高校が甲子園準優勝をし、大西健斗投手(慶応大)が注目を集めた。今年もドラフト候補として挙げられる選手が少なく、ドラフト注目度はC。

地区

昨年は北海高校が優勝し、甲子園でも見事に準優勝を果たした。

秋の北海道大会は札幌第一が優勝し札幌日大が準優勝、センバツに出場した札幌第一だったが初戦で健大高崎に1-11で敗れている。

春の北海道大会は駒大苫小牧が優勝、函館大有斗が準優勝、帯広大谷がベスト4入りした。駒大苫小牧や札幌第一を中心に、安定した力を見せている札幌日大、夏に力を見せてくる北海、実力校の北照、東海大札幌などを含めて激戦が予想される。

注目選手

ドラフトで指名確実というような選手は、今のところいない。

その他の注目選手

北海高校は甲子園で2試合連続ホームランを放った川村友斗選手、甲子園で4番を打った佐藤大雅捕手がおり、投手もまだ実績が少ないものの186cmの右腕と期待されている阪口皓亮投手がいる。昨年の大西投手にように急成長を見せるかもしれない。他にも井上雄喜選手のパワーや、2年生の伊藤源投手も期待されている。

南北海道NO.1投手と呼び声高いのが、東海大札幌の高杉勝太郎投手。177cmから最速144キロの速球を投げ、キレで勝負できる球を持っている。北照にも佐藤脩晟投手という力のある選手がおり、春の札幌南戦ではストレートで押して6者連続奪三振、その後カットボール中心の投球も見せた。

センバツ出場の札幌第一はエースの冨樫颯大投手と、甲子園で登板した187cm右腕の管野継叶投手がいる。菅野投手は角度のある球も投げ、成長に期待している。また打者でも高階成雲選手は広角にヒットを打て、宮澤晃汰選手やセンバツで5番を打ったU15代表の2年生・柴田颯選手も成長を期待したい。

札幌日大の福内将人投手は抜群のコントロールときれいなフォームがあり182cmの右腕という事で将来を期待できる。進学校・札幌南のエース・井澤駿介投手は180cm80kgの身体から135キロの速球を投げ、東京六大学などで投げているイメージができる。

2017年度-高校生-北海道のドラフト候補リスト


PAGE TOP