高校野球・青森大会(2017):ドラフト注目度B

2017年夏の高校野球青森大会の注目選手を紹介します。昨年のドラフトでは、都道府県最多の4名が指名を受けました。青森山田の三森大貴選手が福岡ソフトバンクの4位、堀岡隼人投手が巨人育成ドラフト7位、八戸工大一の種市篤暉投手が千葉ロッテの6位、八戸学院光星の田城飛翔選手が福岡ソフトバンク育成3位で指名をされた。今年もドラフト候補として注目されている選手がおり、ドラフト注目度はB。

地区

昨年は八戸学院光星が優勝したが、甲子園では東邦の観客を巻き込む大応援の中で逆転で敗れている。準優勝は快進撃を見せた大湊高校。

秋の青森大会は青森山田が優勝、八戸学院光星が準優勝と2強が強さを見せた。弘前東が3位で弘前工が4位だった。しかし東北大会では八戸学院光星が不来方に勝利したが、2校は初戦で敗退した。

春は青森山田が秋に続き連覇、弘前学院聖愛が準優勝、3位が八戸学院光星、4位が八戸工大一と私学が強さを見せた。やはり今年も青森山田と八戸学院光星の2強が選手層の厚みがあり優勝候補となる。弘前東に好投手がおり、弘前学院聖愛も好打者をそろえるが、秋、春を連覇している青森山田と、昨夏代表の八戸学院光星光星が中心となりそうだ。

注目選手

八戸工大一の古屋敷匠真投手はこの春に150キロを記録した全国屈指の速球派投手。プロも複数球団が視察に訪れていたが、夏はさらに多くの球団がそろう事になりそうだ。また、弘前東の鳥谷部慎吾投手も左腕では全国屈指の投手という評価もされ、2015年の西武ドラフト9位・藤田航生投手よりは上の評価をされるだろう。

その他の注目選手

八戸学院光星は143キロ左腕の向井詩恩投手が腰痛から復活し東北大会で好投を見せた。また小池智也外野手が昨年まで通算4本塁打から今年春に通算12本まで伸ばし、スラッガーとしての素質を見せ始めた。

青森山田の三上世視滝投手の球のキレや斎藤孔明選手の長打力や足なども期待したい。

2017年度-高校生-青森県のドラフト候補リスト


PAGE TOP