高校野球・宮城大会(2017):ドラフト注目度C

西巻賢二, 長谷川拓帆, 尾崎拓海, 佐藤隼輔, 阿部松樹, 布施東壱, 森勇樹

2017年夏の高校野球宮城大会の注目選手を紹介します。昨年のドラフトでは指名された選手がおらず、注目される選手も少ない印象でした。今年も好選手の数は多いものの、ずばぬけて注目されるような選手はおらず、ドラフト注目度はC

地区

昨年は東北高校が利府を5-0で下して甲子園出場を決めた。しかし甲子園では横浜高校に1-7で敗れ、実力を見せつけられた。

秋は仙台育英が力を取り戻して優勝、準優勝に東稜、3位に利府、4位に仙台城南が入った。東北大会では東稜、利府は初戦敗退も仙台育英が見事に優勝を果たしセンバツ出場を決める。そのセンバツでは実力を認められていたものの、福井工大福井に4-6で敗れて初戦敗退。

春は東北高校が優勝し、東稜が準優勝、3位に仙台育英、4位に古川工が入った。3チームが出場した東北大会では東北と仙台育英が準決勝で対戦し今度は仙台育英が勝利、仙台育英は東北大会連覇を果たした。東稜も初戦を突破している。

仙台育英が全国でも勝てるチームとしての実力を持っていると思うが、東北高校は2年生投手が成長し仙台育英を抑え込む力がある。東稜も総合力があり利府も力がある。その他にも好投手のいる仙台高も台風の目となりそうだ。

注目選手

仙台高校の佐藤隼輔投手は180cm77kgの左腕投手で最速144キロを記録する。春の地区予選では仙台育英から9三振を奪うピッチングを見せ、県大会でも9球団19人のスカウトが視察に訪れる注目度の高さを見せた。

安定したコントロールがあり、スライダー、チェンジアップの変化球もよく、総合力の高い投手で、プロ志望をすればドラフト中位から下位で指名されそうだ。

その他の注目選手

古川学園の阿部松樹投手は185cm80kgの右腕で、角度があり重い球を投げる。140キロ前後の速球をさらに上のレンジに伸ばして行ければ、将来的に高い評価でプロ入りする投手になるかもしれない。

仙台育英はエース・長谷川拓帆投手に佐藤令央投手、佐川光明投手、打者でも西巻賢二選手や尾崎拓海選手など身体能力の高い選手集まった。現時点でドラフトに指名される選手はいないが、将来的に大学などで活躍しプロ入りする選手が出てくるのではと思う。

東北高校の布施東壱捕手は2年時からマスクを被り、セカンドまでの送球は1.85秒を記録する173cmと小柄だが体重が80kgまで増えて安定感が増し、昨年まで0本塁打がこの春の公式戦で3本塁打を記録した。

石巻工業の森勇樹投手は138キロのキレの良い球を投げ、古川学園など3試合連続完封し26イニング連続無失点のピッチングを見せた。

2017年度-高校生-宮城県のドラフト候補リスト


PAGE TOP