高校野球・茨城大会(2017):ドラフト注目度B

陶山勇軌, 宮里豊汰, 古田島成龍, 遠藤淳志, 北山大毅, 大竹凌大, 佐賀史宗, ワラス開智, 若松祐斗

2017年夏の高校野球茨城大会の注目選手を紹介します。昨年のドラフトでは、都道府県全体で青森の4名に次ぐ3名が指名された。明秀日立の細川成也選手が横浜DeNAの5位で、つくば秀英の長井良太投手が広島の6位、霞ケ浦の根本薫選手がオリックスに9位で指名されている。今年は昨年ほどではないもののドラフト注目選手もおり、ドラフト注目度はB

地区

昨年は常総学院が明秀日立を1-0で下し、常連校が甲子園出場を果たした。甲子園でもやはり場数のちがいを見せ、近江、中京を下すと、優勝候補の履正社にも勝利しベスト8に進出した。準々決勝では秀岳館に敗れたが実力を見せた。

秋は明秀日立が優勝し霞ケ浦が準優勝、3位に常磐大高、4位に水城が入りった。2校が出場した関東大会だったが共に初戦で敗退している。春も明秀日立が優勝し、霞ケ浦が準優勝、土浦湖北が3位で石岡一が4位、関東大会では地元開催で4チームが出場したが、霞ケ浦が初戦を突破した以外はすべて初戦で敗退した。

秋から常総学院が振るわずチーム作りに苦戦をしていた。しかしやはり強豪でU15代表選手などが加わっており、能力の高い選手もいる事から優勝候補には挙げられる。しかし優勝候補は秋・春連覇の明秀日立か。昨年ほど個々の選手が注目されてはいないが、その選手を見て育った選手がそろっている。霞ケ浦はプロ注目の好投手がおり、2枚看板を持っている。

他にも土浦湖北や取手松陽など、各チームに好投手がおり、早い段階でこれらの投手と対戦した優勝候補が抑えられて敗れる展開もあるかもしれない。

注目選手

霞ヶ浦の遠藤淳志投手は、184cmの長身左腕投手。球速はまだ142キロだが、角度があり、バッターに近い所でリリースされる球はストレートで勝負でき、プロのスカウトも非常に高く評価をしている。夏にエース番号をつけて登板する事になりそうで、そのピッチングに注目が集まる。

その他の注目選手

取手松陽の古田島成龍投手は171cmと体は小さいものの最速147キロを記録するという。また毎年好投手が出てくるつくば秀英は、今年は168cm左腕の北山大毅投手が142キロを記録している。

他にも総和工業の大竹凌大投手は180cmの左腕で140キロを投げる。下妻二の齋藤雄基投手や水戸葵陵の上林賢士郎投手も130キロ後半の速球を投げる。つくば国際大東風高校の佐賀史宗投手も178cmの右腕で145キロを記録している。

打者では明秀日立の若松祐斗選手が春の大会で2試合連続ホームランを放つ。先輩の細川選手のようにフルスイングが特徴。常磐大高のワラス開智選手は、打撃のセンスが高く、バットで運ぶように長打を打てる。

茨城の王者として、ドラフト注目選手を毎年育ててきた常総学院だが、今年はやや厳しい。それでも宮里豊汰選手は、1年の秋に藤平尚真投手から一発を放つなど実績がある選手で、陶山勇軌選手の能力も高い。下級生から投手が出てくれば、選手層の厚さはNO.1だけにやはり優勝候補からは外せない。

2017年度-高校生-茨城県のドラフト候補リスト


PAGE TOP