高校野球・東東京大会(2017):ドラフト注目度B

永井敦士, 高橋晴, 後藤茂基, 宮路悠良, 松澤海渡, 市川睦, 西村達貴, 佐山智務, 小幡圭輔

2017年夏の高校野球東東京大会の注目選手を紹介します。昨年は二松学舎大付の大江竜聖投手が1年の時から注目され、巨人にドラフト6位で指名された。また帝京の郡拓也捕手が北海道日本ハムの7位で指名されている。今年はここまで実績を残している投手はいないものの、全国的に見ても素質の高い投手がおりドラフト注目度はB

地区

昨年は関東一が東亜学園に勝利し甲子園出場を決めた。実力を評価されていたものの、甲子園では初戦に広島新庄に1-2で敗れた。

東西東京が混戦の秋はベスト4を西東京に占領され、ベスト8にも関東一と城西大城西が残っただけだった。春はベスト4に帝京が入ったが優勝・準優勝は西東京勢だった。

選手が多く集まる関東第一が優勝候補の筆頭とみられ、その対抗に帝京が来る。二松学舎大付はやや力を落としているものの良い選手が次々と入ってくるチームで、下級生の活躍で力は一変する。城西大城西と東海大高輪台にはプロ注目の好投手がおり、2強も警戒をする相手だろう。

大いに盛り上がりを見せる西東京に負けないくらい、熱い夏の戦いを期待したい。

注目選手

関東第一の高橋晴投手は186cm85kgの身体から最速147キロの速球を投げ、プロのスカウトが注目する。これだけの力があるものの、まだエースとして抜群の力を見せるといった場面は少ない。この夏は結果を期待したい。

また東海大高輪台の宮路悠良投手も182cmの身長があり最速147キロの速球を投げる。こちらもまだ球威で押せるような所まではいっていないが、最後の夏に化けるかもしれない。

その他の注目選手

城西大城西の後藤茂基投手は球速は141キロながら伸びのある速球とツーシームはピカイチで、バランスが良く腕の振りも良いきれいなフォームで投げる。将来性十分。

帝京は2年生の松澤海渡投手が怪物の予感を感じさせる。中学時にU15日本代表に選出された投手で、180cm89kgの身体から140キロの速球を投げる。スライダー、スプリットと帝京の投手らしく一通りの変化球も備えており、安定感も見せている。帝京では1年生夏に4番を打った岡崎心選手も3年生となる。やや伸び悩みの感はいなめないが、爆発力に期待したい。

二松学舎大付には、先輩左腕の大江投手の存在感が大きく、2年時までは打者としてプレーしていたためまだ実績は少ないが、182cmの左腕・市川睦投手に注目したい。1年時は夏の練習試合で5試合連続ホームランを打つなど打撃に注目されていたが、2年春からは投手として登板するようになり140キロも記録した。成長途上の左腕投手。

また二松学舎大付では50m5秒台の足を持ち、通算42本塁打を記録している永井敦士選手、184cm93kgの身体のある大砲・遠藤聖生選手なども注目したい。日大豊山の2年生・西村達貴選手は春に4本の3ベースヒットを放ち、50m6.0秒の足も注目される。

公立ながら毎年好投手を輩出する文京高では今年も佐山智務投手という135キロを投げる投手がいる。スライダーのキレが良く、強豪チームの打線も抑えられそうだ。立教池袋・小幡圭輔投手は181cmから140キロを投げる。

2017年度-高校生-東京都のドラフト候補リスト


PAGE TOP