高校野球・静岡大会(2017):ドラフト注目度B

池谷蒼大, 比屋根彰人, 成瀬和人, 佐々木健, 海野陽日, 飯澤万里, 奥村光一, 木須デソウザ・フェリペ

2017年夏の高校野球静岡大会の注目選手を紹介します。昨年のドラフトでは静岡高の鈴木将平選手が埼玉西武のドラフト4位で、磐田東の加藤脩平選手が巨人育成ドラフト2位で指名された。今年も静岡のエースに注目され、全体的に候補も多く、ドラフト注目度はB

地区

昨年夏は常葉菊川が優勝、秋は聖隷クリストファーが優勝し藤枝明誠が準優勝、静岡が3位に入った。東海大会では聖隷クリストファーが1回戦で、藤枝明誠が2回戦で敗れ、静岡が優勝しセンバツ出場を決めた。センバツでは初戦の不来方戦で大差をつけて勝利したが、2回戦で大阪桐蔭に8-11で激戦の末敗れた。

春は東海大静岡翔洋が優勝し、静岡が準優勝、東海大会では東海大静岡翔洋は初戦で敗れた。静岡も初戦は勝利したが、準決勝で至学館に0-13と大敗を喫した。

静岡が投手・野手共にそろい優勝候補だが東海大会の大敗など、選手の状態がまだ整っていない感じで、いつものような圧倒的な強さという所まではいっていないか。東海大静岡翔洋、藤枝明誠が繋ぐ野球で試合巧者の戦いをする。飛龍や磐田東なども静岡に挑みかかる。

注目選手

静岡高校のエース・池谷蒼大投手は175cmの左腕で144キロの速球を投げる。キレの良い球を投げ真っすぐで勝負できる投手、好不調の波がまだあるものの、強豪を相手に一歩も引かない投球を見せる。もう1ランク上の投球を見せてほしい。

その他の注目選手

小笠高校の佐々木健投手は190cmの長身右腕で、球速も140キロを記録しプロ12球団が注目をしている。大型選手だが足も速く身体能力の高さもうかがわせる。

飛龍高校の比屋根彰人投手も181cm84kgの身体から143キロの速球を投げ、打撃でも2年秋まで25本塁打とパワーの持ち主。日大三島の海野陽日投手は174cmの左腕で最速143キロを記録し、池谷と左腕の双璧と評価される。

春に静岡を破った東海大静岡翔洋は、投手は左腕の飯澤万里投手がとにかく切れのある真っすぐとスライダーなど変化球を投げ、打っては奥村光一選手が高校通算25本塁打に50m5秒台の足で攻めの中心となる。

静岡高校は将来は医者になると話す竹内奎人投手も右の好投手、2年生で4番を打つ成瀬和人選手もセンバツでセンスの良さを見せた。掛川西の松本拓己選手は強肩俊足の外野手で1年で4番をまかされた。梶優介投手は139キロの速球を選手がそろっている。御殿場西の木須 デソウザ・フェリペ選手は、素早いモーションと強肩え静岡NO.1捕手と評価される。

富士宮西の須藤翔太投手は143キロを記録するといい、誠恵の竹内侑太投手は183cmから大きなカーブを投げる。沼津東の佐竹陽希投手も昨年秋に141キロを記録し

浜松商の半田重人選手は172cmと小柄だが通算23本塁打を記録する二塁手、駿河総合の滝駿太郎選手も172cmだが12本塁打に50m6.1秒の足がある。浜松修学舎の森田匠選手は185cmの右の大砲。浜松開城館の本村理於捕手もセカンドまで1.88秒の肩がある。

 

2017年度-高校生-静岡県のドラフト候補リスト


PAGE TOP