高校野球・石川大会(2017):ドラフト注目度C

寺西建, 清水力斗, 瀬堂雅守都, 佐渡裕次郎, 上田優弥, 尾形裕太郎, 西川英志

2017年夏の高校野球石川大会の注目選手を紹介します。昨年のドラフトで指名された選手はおらず、昨年の段階で2年生の名前が挙がっていました。しかし今年も全体的に候補は少なく、ドラフト注目度はC

地区

昨年夏は星稜が優勝、秋は日本航空石川、今年春は金沢が優勝している。この3チームが3強状態だが、遊学館、小松大谷といった有力どころも黙ってみていない。

注目選手

星稜の清水力斗選手は昨年から注目されていた選手。175cmと身長は高くないものの、2年生夏の甲子園で146キロを記録した。その後、肘を故障して長いイニングの登板は無かったが、現在では最速149キロを記録する。

その他の注目選手

星稜では寺西建選手も注目される。191cm92kgの選手で、昨年は大型左腕投手としても期待されたが制球など課題が多く、今では野手に専念し左の大砲として磨きをかけている。軽く飛んでいく打球に注目したい。

日本航空石川もエースの佐渡裕次郎投手は小柄ながら141キロの速球で安定感があり、2年生のスラッガー・上田優弥選手は185cm96kgの身体で迫力がある。金沢も尾形裕太郎選手は思い切りのよいスイングで鋭い打球を連発する。

小松大谷の瀬堂雅守都選手は強肩キャッチャーで打撃も鋭いスイングを見せる。柴山大輝選手も通算30本を超えるホームランを放つ。寺井高の西川英志投手は多彩な変化球で春に遊学館を完封するなど抜群の安定感を見せた。

2017年度-高校生-石川県のドラフト候補リスト


PAGE TOP