センバツに向けて、東邦の注目選手たち

扇谷莉, 石川昂弥, 梅田昂季, 山本泰正, 熊田任洋, 林琢真, 洞田大翔, 梶田健斗

センバツに出場するチームの、注目選手を、個人的に注目したい選手1位から3位まで紹介します。今日は東邦高。

東邦高の注目選手

エースの扇谷莉投手は制球に課題があるものの188cmから146キロの速球を投げ、プロのスカウトも注目をしている。球速があるものの粘られたりするが、元プロの木下コーチの指導で球のキレをよくする取り組みをしている。その球を投げられるようになれば、評価はぐんぐん伸びそうだ。

2年生の石川昂弥選手は高校通算12本塁打、昨年秋は3本塁打を記録した。185cmの右のスラッガー候補だが、アベレージも残せる選手で、またサードからの強肩も定評があり、将来はショートもできる選手。大型遊撃手としての夢が膨らむ選手だ。

NO.3には一塁手の梅田昂季選手を挙げる。梅田選手は昨年秋に公式戦で6本塁打を放ち、一気に打撃が開眼した。プロのスカウトも秘かに注目する選手で、センバツで3本くらい打ちそうな感じがする。まだ伸び盛りの選手。

チーム

他にも、センターを守る山本泰正選手は180cmの身長があるが50mを5.7秒で走る。また遠投も115mの強肩で身体能力の高さが注目される。遊撃手の2年生・熊田任洋選手は強肩と俊足があり、監督が関根大気選手の2年時よりも良いと評価する。俊足ではセカンドの林琢真選手が50m5.8秒、洞田大翔選手が50m5.9秒を記録、また長打力では梅田選手が練習試合も含めて昨年秋9本塁打、山本選手が8本塁打、梶田健斗選手も8本塁打と全員がホームランを打てる。

見たい選手は大阪桐蔭に次いで多い、特に打線は1番から8番まで目が離せない大会屈指の存在だろう。扇谷投手と控えの西投手が安定したピッチングを見せられれば優勝を狙える。戦闘開始!

東邦高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価


PAGE TOP