高校野球南神奈川大会の展望(2018)と注目選手:ドラフト注目度A

万波中正, 長南有航, 斎藤大輝, 松下壮悟, 及川雅貴, 小泉龍之介, 矢澤宏太, 松本隆之介, 板川佳矢, 青山美夏人, 小石川遼音, 樺田魁, 大浦駿人, 新村太郎, 富田歩, 横瀬辰樹, 小倉健太朗, 一井海斗, 斉藤勇哉, 渡邉倫太朗

夏の高校野球南神奈川大会の組み合わせが6月9日に決まった。7月8日に開幕する。

昨年は、横浜高の増田珠選手が福岡ソフトバンクにドラフト3位で、星槎国際湘南の本田仁海投手がオリックスドラフト4位で、さらに立花学園の日暮矢麻人投手が福岡ソフトバンクの育成5位で指名された。今年は南北に分かれる神奈川、南神奈川のドラフト注目度はA

地区

昨年夏、優勝したのは南神奈川の横浜、準優勝は北神奈川の東海大相模、ベスト4には、桐光学園と日大高だった。昨年秋は東海大相模、慶応が優勝準優勝でともに北神奈川だったが、今年春は横浜が優勝した。今年も横浜高校にプロ注目選手が集まるが、他にも全国的にみても能力のある選手が点在している。ドラフト注目度はA

注目選手

藤嶺藤沢の矢澤宏太投手は173cm65kgと小柄な左腕だが、球速は148キロを記録する。他にも50mは5.8秒を記録し、通算本塁打も25本と、身体能力が素晴らしく高い。制球が落ち着けば球威で抑え込む力があり、プロも非常に高い評価をしている。

横浜高校の2年生・及川雅貴投手は181cmの左腕で球速はすでに152キロを記録、U18代表候補にも召集される。中学時から世界大会でも活躍するなど制球力も完成度も高い投手で、来年はドラフト1位で指名重複することが予想される。

横浜高校では万波中正選手もやはり注目される。190cm92kgの体があり、横浜スタジアムのバックスクリーンに叩き込む打撃、そして最速147キロを記録する球威ある球を投げ、身体能力は高校トップクラス。昨年夏からの打撃の不振を引っ張っており、その課題はあるが、育てていきたい選手だろう。

星槎国際湘南の松下壮悟選手も1年春から4番を任された逸材で、178cm90kgから46本塁打を打つ左の大砲、飛距離十分の選手で将来が非常に楽しみ。

その他の注目選手

横浜高校では1年時から活躍をしていた斎藤大輝選手も、攻撃・守備でチームに良い流れを持ってくる野球センスの高い選手、板川佳矢投手も173cmの左腕で伸びるストレートはバッターも差し込まれる。万波選手に匹敵する長打力を持つ長南有航選手や50m5秒台の足がある山崎拳登選手もっ注目。さらに2年生の小泉龍之介選手は50m6.0秒の足があり1番を任されるが投げても140キロを記録する。また1年生の松本隆之介投手は186cmの左腕ですでにこの春に145キロを記録し、再来年のドラフト1位候補。

投手では横浜隼人の青山美夏人投手が145キロを記録し、小石川遼音投手も140キロを超す。2枚の右腕がそろって注目される。横浜商には180cm80kgの体があり145キロの速球を投げる樺田魁投手がいる。安定した投球ができるようになれば強豪校にとって脅威的な投手。鎌倉学園の大浦駿人投手は188cm85kgの体から140キロの速球を投げおろす。

日大藤沢は3年生の新村太郎投手が左から140キロの速球を、また2年生の武富陸投手も左からキレの良い球を投げ、山本昌投手コーチの指導で変化球や制球にも磨きがかかっている。関東学院の横内斗和投手も179cmの右腕で130キロ後半の速球を投げる。平塚江南の富田歩投手は中学時代に軟式野球で全国制覇、多くの私学から注目されたが地元の公立に進学し、140キロの速球を投げる。

野手では横浜隼人の横瀬辰樹選手が、小学校でDeNAベイスターズジュニアに選ばれ、中学時代も守備で注目された。遊撃手では全国屈指の守備を見せる。打撃も左右に打ち分け、レフト方向に延びる打球も見せてきて力が付いてきた。齋藤大誠選手もパンチ力がある。星槎国際湘南の小倉健太朗は50m5.9秒の俊足に遠投100mの抜群の身体能力がある。藤嶺藤沢の一井海斗捕手は182cmの体がありが、遠投110mの強肩捕手で、50mも5秒台で走るという。

三浦学苑の斉藤勇哉選手もショートを守り、遠投100mの強肩と広い守備範囲を見せる。足柄高校の杉山龍雅選手は50m6.1秒の足がある。

2年生では湘南学院の古謝樹投手が左腕でこの春はチームをベスト8に導いた。三浦学苑の渡邉倫太朗投手は182cmの右腕で大きなフォームから伸びのあるストレートを投げ注目される。

優勝予想

やはり横浜高校が大本命、戦力ではかなりの差がある。ただし一発勝負のトーナメントでは同じブロックの三浦学苑や立花学園、横浜隼人や星槎国際湘南、そして効率で勢いを見せる金沢高校が勝負をかけられるか。反対側のブロックは第1シードは湘南学院、鎌倉学園、第2シードが横浜創学館、日大藤沢で実力校がそろう。またノーシードで藤嶺藤沢がおり、どこが勝ち上がっていくのか予想は難しい。

2018年度以降-高校生-神奈川県のドラフト候補リスト


PAGE TOP