高校野球茨城大会の展望(2018)と注目選手:ドラフト注目度B

細川拓哉, 増田陸, 芳賀大成, 北野凱士, 池田陵人, 上野雄大, 稲荷田朝陽, 岩本大地, 小林俊輔, 二瓶那弥, 菊田拡和, 谷田部健太, 岡田幹太, 小儀純也, 鈴木和樹, 鈴木寛, 福浦太陽, 古賀雅也, 川澄裕音, 三谷俊介, 松本直哉, 大松崎智也, 佐藤徳哉

夏の高校野球茨城大会が7月7日に開幕する。

昨年は、霞ケ浦の遠藤淳志投手が広島にドラフト5位で指名された。今年はセンバツで注目された明秀日立や、強打で復活してきた常総学院、霞ヶ浦などに選手がそろい、ドラフト注目度はB

地区

昨年夏は土浦日大が延長15回の末、10-9で霞ヶ浦を下し甲子園出場をした。しかし甲子園では松商学園に3-12と大敗し、全国の実力を知った。霞ヶ浦は決勝戦の呪縛にまた足を踏み入れたか。

秋は明秀日立が優勝し、霞ヶ浦が準優勝、常総学院と日立一がベスト4入りした。明秀日立は秋の関東大会でも決勝に進出、中央学院に敗れたものの準優勝をした。今年に入りセンバツでは、強打に軸となるエースもおり、強さを感じさせるチームだった。1回戦を接戦で勝ち上がると2回戦は10-1で勝利し3回戦の大阪桐蔭に挑む。1-5で敗れたものの実力の差を感じさせる試合でもあった。

この春は常総学院が優勝し、明秀日立が準優勝、ベスト4には霞ヶ浦と水戸商が復活してきた。

他にも藤代、水城、石岡一、下妻二、取手松陽、竜ケ崎一など、私立、公立にも力のある高校がある。

注目選手

明秀日立の増田陸選手は、センバツでもその身体能力を見せつけた。走塁でミスをして得点につながらないプレーだったが、その打力、走力をアピールするもので、プロのスカウトも、最も注目した内野手となった。持っている能力を評価し、3位前後に持ってくるチームもあるかもしれない。

また石岡一には来年注目の2年生がいる。岩本大地投手は上背はないものの、最速147キロの速球を投げ、145キロ前後を連発し、球の力で相手をねじ伏せる力がある。この球は強豪校も脅威を感じているだろう。

その他の注目選手

明秀日立では芳賀大成選手の強打が注目される。打撃での迫力は、智辯和歌山の林選手に匹敵するくらい、セカンドの守備も安定をしていた。捕手として将来性を見ているスカウトもおり、マスクを被ったときの芳賀選手のプレーが注目される。またエースの細川拓哉投手は144キロの速球も投げる投手だが、兄譲りの長打力にも磨きがかかってきた。兄よりも大器晩成、ゆっくりと大物になっていくかもしれない。

池田陵人選手も長打力と130キロ中盤の速球を投げる二刀流、北野凱士選手は50m5.8秒の俊足に遠投125mの強肩、隠し玉の187cm右腕・上野雄大投手も控えており、注目選手多し。

常総学院も力がある。花咲徳栄張りのハンマーを使ったトレーニングで各バッターのスイングが驚異的、二瓶那弥選手は春5試合で4本塁打、2年生の182cm88kgの右の大砲・菊田拡和選手も成長をしている。また、谷田部健太は185cmから142キロの速球を投げ、2年生の岡田幹太投手はU15代表で143キロの速球を投げる右腕。投打に選手がそろっている。

霞ヶ浦は小儀純也選手が小柄な1番だが素晴らしい足があり、またパンチ力あるバッティングも注目されている。捕手の鈴木和樹選手も中心バッターで捕手としても県下トップクラスと評価され、2年生の140キロ右腕・鈴木寛投手と好投手・福浦太陽投手をリードする。

藤代の稲荷田朝陽投手は181cmから144キロの速球を投げる投手で、春は故障がある登板しなかったが夏に復活あるか。他にも、桜井大規投手、端村壮平投手も130キロ中盤を記録し、186cm84kgから145キロを投げる古賀雅也投手は逸材。走攻守に能力の高い谷合俊亮捕手とのバッテリーは注目。

水戸商の川澄裕音投手は180cmの左腕で130キロ後半を投げる。茨城キリスト教学園の佐藤徳哉投手も138キロの速球で押す。土浦第一の大松崎智也投手も138キロの速球とフォークボールが武器、水城の征矢隼輔投手は170cmだが138キロの速球にコントロールの良さが光る。

つくば国際大高の福島脩馬投手も130キロ中盤を記録する左腕、日立一の清水大海投手も同じく伸びのある球を投げる左腕だが、左利きのサードとしても注目される。

野手では水戸商の小林俊輔選手が県NO.1スラッガーか。高校通算52本塁打を打つ左の大砲で、パワーと技術も見せる。竜ケ崎一の三谷俊介選手は182cm87kgの体がある、高校通算20本の長打力を見せる。

茨城キリスト教学園の藤井栞太捕手は主将として打撃に力があり、また捕手としても強肩を披露する。常磐大高の竹川大稀選手は、1年夏から試合に出て、つくば集英の149キロ右腕・長井投手から3安打を記録、打撃で注目される。科学技術学園日立の松本直哉選手は一塁まで3.85秒の足が魅力。

優勝予想

明秀日立、常総学院、そして霞ヶ浦、藤代が追う展開だが、明秀日立のブロックには、下妻二、土浦湖北、水戸菱陵、土浦日大などがひしめく。また霞ヶ浦のブロックには石岡一が入った。

体力を残した状態で勝ち上がるのがいいのか、強豪に勝利して勝ち上がってきた方が勢いがあってよいのかわからないが、今年は2地区に分かれる都道府県がある中で、茨城が全国屈指の激戦となりそうだ。

2018年度以降-高校生-茨城県のドラフト候補リスト


PAGE TOP