高校野球香川大会の展望(2018)と注目選手:ドラフト注目度B

千原凌平, 大前輝明, 黒河竜司, 中村太陽, 下地海誠, 山本大輔, 田中陸, 内田峻太, 藤川真嘉, 水野達稀, 野口陽平, 中村公俊, 上領慎太郎, 山上達貴, 中塚光晴, 加茂優太, 山花悠陽, 山岡龍弥, 中山稜也, 東山怜士

夏の高校野球香川大会が7月9日に開幕する。

昨年はドラフトで指名された選手はいなかった。三本松の佐藤圭悟投手、英明の藤井拓海選手選手などが注目されたが、佐藤投手は立正大、藤井選手は拓殖大と、舞台を東都に移してライバル関係を続けている。

今年は昨年から注目されていた投手、野手に素晴らしい選手がおり、投手陣は2年生も含め140キロを超す投手が多い。ドラフト注目度はB。

地区

昨年夏は三本松が丸亀城西に7-1で勝利し甲子園に出場した。秋の新チームでは英明が優勝し、センバツに出場をしている。準優勝は大手前高松、ベスト4は高松商と尽誠学園。

今年春は大手前高松が優勝し、寒川が準優勝。ベスト4に高松商と観音寺総合が入った。観音寺総合は2017年までは観音寺中央として甲子園でもなじみのある強豪。

他にも丸亀、高松南、四国学院大香川西、坂出商、高松北などが甲子園を争う。

注目選手

丸亀高校の東山怜士投手は177cmの右腕で、高校1年の秋に145キロを記録し、本当に速い投手として注目された。その後はフォームを崩すなど苦しんでいるようだが、最速は146キロに伸ばしている。状態を取り戻せばドラフトで指名されてもおかしくない。

その他の注目選手

投手では、寒川高校の山岡龍弥投手は183cm84kgの右腕で140キロを記録、故障が多かったが体ができてきており楽しみ。また広陵高校から寒川高校に転向してきた中山稜也投手も176cm80kgの体から重い球をなげ、得意のスライダーで打ち取る。三本松の山花悠陽投手は181cmの右腕でダイナミックなフォームから141キロを記録、丸亀城西の大前輝明投手も179cm90kgと体に恵まれており、130キロ後半を記録する。こちらも本格派右腕。

2年生では寒川高校の加茂優太投手が145キロを記録、170cm64kgの右腕でこれから体を作り150キロを狙いたい。高松商の中塚光晴投手もこの春に141キロを記録、来年まで成長が期待される右腕投手。その中で最も注目されているのは甲子園でも好投した英明の黒河竜司投手だろう。球速は142キロを記録し、鋭いスプリットを投げて三振を奪える。また完全に試合を任せられる安定感がすでにある。

藤井高校の山上達貴投手は右のサイドハンドから130キロ後半の速球を投げる。高松商の上領慎太郎投手もこの春に139キロを記録し球威を増してきた。大手前高松の中村公俊投手も139キロ、チェンジアップも良く、春の大会優勝に貢献。高松桜井の野口陽平投手も力のある球を投げるという。

打者では英明の千原凌平選手が1年時から注目をされており、170cmだが82kgのしっかりした体から高校通算32本塁打を放つ。かなり評価の高い選手。丸亀城西の水野達稀選手も168cm70kgと小柄だが、20本塁打を越す長距離打者。足もある選手で注目。高松商の藤川真嘉選手も173cmだが87kgの体があり、春の練習試合では健大高崎からサヨナラホームランを打った強打の捕手。大手前高松の内田峻太選手は177cmの右打者で、大きなスイングがあり、痛烈な打球を見せる。

英明では田中陸選手が50m6.2秒の足があり打率も高い、中村太陽選手は165cmと小柄だが、捕手として取ってから投げるのが速く、セカンドまで1.8秒台を記録する。大手前高松の山本大輔選手はスイングスピードが速く、またリードオフマンとして足も見せる。三本松の下地海誠選手は180cmの右バッターで一発長打がある。

優勝予想

春優勝の大手前高松に力があるが、寒川、英明も投手の力があり強い。そして高松商は有力な選手が集まっており選手層の厚さはNO.1か。

大手前高松のブロックには三本松、高松桜井、坂出商などが、高松商のブロックには尽誠学園、藤井が、寒川のブロックには丸亀城西、観音寺総合、そして英明のブロックには高松北などがいる。まずはブロックを勝ち抜くことができるか。

各チームの140キロ前後を投げるエース同士の対戦は非常に注目だ。

2018年度以降-高校生-香川県のドラフト候補リスト


PAGE TOP