高校野球富山大会の展望(2018)と注目選手:ドラフト注目度B

山田龍聖, 沢田龍太, 石橋航太, 横尾和樹, 中家諒, 清水鴻, 前田幸輝, 宮腰武, 酒井啓佑, 中村昂央, 上野亘, 豊田龍成, 八木拓弥, 井上ビリィ, 安藤佑隼, 高島裕生, 伊藤将一

夏の高校野球富山大会が7月13日に開幕します。

昨年はドラフトで指名された選手はいませんでしたが、富山第一の森圭名投手が146キロの速球を投げ注目された。青山学院大に進み、4年後のプロ入りを目指している。また、高岡商・山田龍聖投手、富山商・沢田龍太投手といった2年生が注目されていた。

今年は、その2年生が3年生となり、さらに実績や力を積み上げてプロが注目している。ドラフト注目度はB。

地区

昨年は高岡商が快進撃を見せていた高朋に8-2で勝利し甲子園出場をしている。秋の新チームでは富山商が力を見せて優勝、準優勝に富山国際大付、ベスト4に高岡商と桜井が入った。富山商はセンバツに出場し、初戦で智弁和歌山に敗退も、2-4の接戦であり、準優勝をした智弁和歌山を苦しめた。

春の新チームでは高岡商が優勝、準優勝は富山商、ベスト4には南砺福野、高岡一が入った。

他にも、砺波工、新湊、魚津工、富山東、滑川などが甲子園出場を争う。

注目選手

高岡商の山田龍聖投手は昨年時点で147キロを記録する左腕として注目され、夏の甲子園でも登板をし球威を見せている。今年は150キロ越えを目指して冬にトレーニングを重ねたが、春の登板で思ったような球速が出なかった。それでも鍛えたものが力につながってくる頃だろう。春もそうだったが夏も多くの球団のスカウトが訪れるだろう。

また富山商の沢田龍太投手は、センバツでの投球が非常に注目された。試合に敗れはしたものの、外角へのストレートのキレがよく、スライダーなどもしっかりとキレている。フォームが非常に安定しているため、淡々と投げているように見えるが、その一つ一つが非常に素晴らしい。春にはプロのスカウトも連日訪れ、獲得への本気度が高まってきている。

その他の注目選手

魚津工の投手が注目されている。高島裕生投手は189cmの右腕で最速は135キロ、大きく曲がるフォークボールを投げ、角度のある投球を見せる。伊藤将一投手は188cm85kgの左腕投手で、球速はまだ130キロ前半のようだが、ストレートの伸びが素晴らしく、また打撃でもホームランを飛ばす力が素晴らしい。既に複数球団がチームを訪れている。

高岡商の控え投手も楽しみな選手が多い。安藤佑隼投手は181cmの右腕で、球速は130キロ前半、井上ビリィ投手も184cm86kgの右腕で、二人とも大型右腕として大きなポテンシャルを持つ。他には富山国際大付の北山皓喜投手が170cmの左腕で、変則フォームからの球で打ち取っていく。

野手では富山商の石橋航太選手が注目される。178cm83kgの右の外野手で、高校通算25本塁打のパンチ力があり、また投手としても139キロを投げる強肩の持ち主、プロのスカウトもマークをしている。富山商では横尾和樹選手が勝負強い打撃が特徴で、2年秋は打率.433で7打点の活躍を見せている。桜井高校の八木拓弥選手は183cm88kgの右の大砲で、3年春に豪快なホームランを放った。

富山工の豊田龍成選手は昨年秋に7打席連続安打、11打席連続出塁を記録、くらいついていく迫力がある。富山国際大付の上野亘選手は柔軟にヒットを広角に打つ。高岡商のショート・中村昂央選手は、昨年春と夏の甲子園に出場し、勝負強い打撃を見せた。174cmの選手で、さらに守備を磨きたい。魚津工ではショートの酒井啓佑選手も県屈指の俊足選手として注目され、守備でも評価を上げてきている。

また下級生も注目選手が多い。富山商の2年生・宮腰武選手は春から4番を任され、強打線の中心を担う。同じく2年生の前田幸輝選手も春からサードでスタメンで出場している。不二越工の清水鴻投手はすでに実績があり、春には21回2/3連続無失点という素晴らしい好投を見せた。168cmの左腕投手でキレがある。高岡第一の木村太哉投手は172cmの左腕で、怖いもの知らずでインコースを攻める。そして1年生の中家諒選手は177cmの右の外野手で、走攻守に優れた能力を見せる。

優勝予想

センバツを経験した富山商と、昨年夏を経験し、春も富山商を下して優勝した高岡商の2強対決か。ただし、高岡一、富山国際大付も侮れない。

組み合わせを見ると富山商はいきなり砺波工と対戦、その後も富山工や不二越工、高朋などがひしめくブロックとなっている。高岡商も勝ち上がれば2戦目で富山国際大付と対戦する可能性がある。2強も油断できないが、それを越えて勝ち上がってくる強さがあるだろう。

2018年度以降-高校生-富山県のドラフト候補リスト


PAGE TOP