154キロの大船渡・佐々木朗希投手に楽天、阪神、広島など5球団絶賛

佐々木朗希, 大船渡高

大谷2世と注目される大船渡の佐々木朗希投手が、自己最速となる154キロを記録し、盛岡三を9回4安打11奪三振2失点に抑え完投勝利を挙げた。

見事なピッチング

これまで153キロを記録していた佐々木朗希投手はこの日、初回から153キロを連発すると、2回ノーアウトの場面で154キロを2回記録、自己最速を更新した。またストレートは5回を超えても150キロを記録、その後も150キロ前後を記録した。

完成度も高かった。ストレートは高めに行くことも多かったが、見られて四球も6つ与えた。しかしランナーを許すとストレートは若干落ちたものの、スライダーを丁寧に投げ、フォークで空振りを奪った。フォークボールは今年の春が終わってから習得し、6月後半から思うように落ちるようになったのだという。大きく沈む見事な球だった。2回に1失点、5回に1失点をしたものの、県内の強豪・盛岡三打線を9回4安打11奪三振2失点で抑えきり、素材だけでなく、エースとして勝てる投手だと証明した。

また打撃でも1番を打ち6打数3安打を記録、189cmの体がありながら、50m5.9秒の驚異的な身体能力がある。打撃でも盛岡三の144キロ右腕・西舘洸希投手を攻略した。

5球団が視察

この日は5球団のスカウトが視察に訪れた。

楽天・宮越スカウト:「本物。今年でもドラフト1位候補。来年は155キロを超えるんじゃ…。どこまで伸びるか分かりませんね。身体能力は高いし、球もまだ速くなる。来年は横浜の及川と双璧になる。」

阪神・葛西スカウト:「今年のドラフトでも1位になれるくらいの素材。2年生で154キロが出るんだから、伸びしろはいっぱいある。フォームが安定すれば、もっとスピードは出る。大谷、菊池レベルの近くまで来ている」

広島・近藤スカウト:「大谷に2年生の時は、これぐらい投げていた。このままケガをしないえ投げられれば、大谷2世と言えるくらいのインパクトはある」

球速では2年生の時の大谷投手を越えたが、その後、大谷投手は成長を続けた。まずは大谷投手も登場した2年夏の甲子園、その舞台で佐々木投手も投げる姿を全国に見せたい。そして3年で160キロという、入学当初に立てた計画に向け、成長を続けたい。佐々木投手は「夏はチームの勝利が優先だけど、156キロを投げて160キロオーバーを投げられるように。甲子園に出て、甲子園最速を投げたい」と話した。

来年のドラフトの目玉となりそうな逸材を、この日はプロ4球団が視察した。楽天・宮越スカウトは「今年でもドラフト1位候補。身体能力は高いし、球もまだ速くなる」と高く評価。エース格にもかかわらず背番号20をつけるが、佐々木朗は「2年生なので、特に気にならないです」。最速更新よりも、背番号よりも、今は3年生と一緒に甲子園に行くことに集中しているのだ。

まだ2年生だが、プロも3球団が夏初戦を視察。地元・東北の楽天・宮越徹スカウトは「本物。来年は155キロを超えるんじゃ…。どこまで伸びるか分かりませんね」と驚きを隠せない。国保陽平監督は「まだまだここから」と言い、さらなる成長への期待を込めてエースながら背番号は20だ。100回の記念大会に出現した新怪物。佐々木は最後にこう言った。「甲子園に出場して、甲子園最速(156キロ)を投げたい」。


PAGE TOP