2019センバツに向けて、習志野高の注目選手

習志野高, 飯塚脩人, 小沢拓海, 角田勇斗, 根本翔吾, 桜井亨佑, 兼子将太朗

センバツ大会に出場するチームの注目選手について、個人的に注目したい選手を紹介して行きます。今日は習志野高校。

習志野高校の注目選手

注目度A:必見・見ないとヤバイ、注目度B:成長をチェック、注目度C:素質をチェック

注目度A:飯塚脩人投手は179cmの身長から最速146キロの速球を投げ、球威では昨年のエース・古谷拓郎投手を上回ってくるかもしれない。センバツ屈指の好投手の一人。

注目度B:兼子将太朗選手は182cm80kgの大型捕手で、飯塚投手や軟投派の投手など様々なタイプの投手をリードする。昨年秋の公式戦は打率.125で、この打撃が何とかなりそうか注目したい。

注目度B:桜井亨佑選手は2年生、180cmの外野手で肩がある。左のスラッガータイプと期待されており、打撃の力強さ・確実性が増しているか注目したい。

注目度B:根本翔吾選手は打撃と守備で昨年秋に最も目立った選手50m6.1秒の足があり、秋は練習試合も含めて44試合で41盗塁を記録。足とともに肩も見たい。

注目度C:小沢拓海選手と角田勇斗選手は1年生で二遊間を守った。小澤選手は打撃センスが光り、角田選手は肩の強さがある。今年はまずは大舞台でどんな守りをみせるか注目したい。

チーム

秋のレギュラーに1年生が4人のチーム、内野はセカンド、サード、ショートが2年生で、これらをまとめる兼子捕手がカギとなる。投手は飯塚投手はセンバツトップクラスの投手になりそうだが、先発は技巧派左腕の山内投手、アンダースローの岩沢投手が投げ、最後に球の強い飯塚投手が出てくる。昨年夏のように古谷投手を温存してという事が無いようにしたい。

打線は長打は少なく、勢いにのれば入れ替わりでヒーローが出てくるが、やや物足りない印象。冬に厳しい素振りをしており、打撃力がどこまで上がっているか注目したい。

習志野高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価


PAGE TOP