2019センバツに向けて、松山聖陵の注目選手

松山聖陵, 平安山陽, 根本大蓮, 小川諒大, 岸田明翔, 田窪琉風, 佐野幸輝, 折田玲, 大村侑希

センバツ大会に出場するチームの注目選手について、個人的に注目したい選手を紹介して行きます。今日は松山聖陵。

松山聖陵の注目選手

注目度A:必見・見ないとヤバイ、注目度B:成長をチェック、注目度C:素質をチェック

注目度B:大村侑希選手は185cmの大型選手、これまで期待されながら結果を出せなかったが、秋は打率.342を記録、1番ファーストで出場する大型選手に注目したい。

注目度B:根本大蓮投手は188cm89kgの大型投手、松山聖陵からは毎年、大型投手が出てくるが今年は根本投手。球速は130キロ中盤で失点もまだ多いが、素質の開花を見たい。

注目度B:平安山陽投手は2年生、176cmの右腕で、1年時に140キロを記録し秋は四国大会で9回13奪三振1失点の好投を見せ、2年生ながらエースとして期待される。ストレートの強さの他、制球、変化球なども注目したい。

注目度C:折田玲選手は170cmのセンターで、50m6.2秒の足と遠投110mの肩がある身体能力の高い選手。4番を打ち高いアベレージも見せており、まずは打球のスピードやセンターの守備を見たい。

注目度C:佐野幸輝投手は控え投手で、170cmと小柄だが138キロの速球と鋭いスライダーを投げる投手。球の強さ、スライダーを見たい。

注目度C:田窪琉風選手はショートを守り、球際に強い、深く沈んだ守備を見せる。秋は打率.419に10打点を挙げるなど打撃でも活躍を見せた。まずはショートの守備を注目したい。

注目度C:岸田明翔選手は2年生、昨年秋にスタメンマスクを被った。遠投100mの強肩ももちろんあり、どのようなキャッチャーか全体の雰囲気を確認したい。

注目度C:小川諒大選手も2年生、岸田選手と捕手を争い、肩は遠投115mで小川投手の方が強いようだ。マスクを被ったとき、その肩を見てみたい。

チーム

投手も野手も新2年生を軸に、堅い守りで勝ち上がっていくチーム。根本投手、大村選手の本格化に期待をしたいが、現時点では1点を守り、1点を奪っていくチーム。センターラインはしっかりしており、大きく崩れる事もなさそう。

大量失点をしてしまう事もあるが、平安山投手は4点くらいに抑える力があり。打撃は7,8点を奪う試合も多く、5点以上は奪う事ができそうで、4点までに守れれば勝機あり。

松山聖陵高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価


PAGE TOP