2019センバツに向けて、明豊の注目選手

明豊高, 井上功介, 宮川雄基, 狭間大暉, 野辺優汰, 若杉晟汰, 寺迫涼生, 大畑蓮

センバツ大会に出場するチームの注目選手について、個人的に注目したい選手を紹介して行きます。今日は明豊高校。

明豊高の注目選手

注目度A:必見・見ないとヤバイ、注目度B:成長をチェック、注目度C:素質をチェック

注目度B:大畑蓮投手は183cmの右腕投手、リリーフで登板し140キロの力のある球を投げおろす。まだ線が細いが、どれだけの球を投げられるか見てみたい。

注目度B:寺迫涼生投手は172cmから142キロの速球を投げる。右ひじ痛から復活を期する。球の力を見たい。

注目度B:若杉晟汰投手は2年生、最速138キロの速球と鋭いスライダーを投げる左腕でチームのエース、昨年秋は47回1/3を投げて51奪三振と三振を奪える。

注目度C:野辺優汰選手はチームの4番、2年秋は15打点を挙げ確実性の高い打撃を見せる。打球の強さやサードの動きなどを見たい。

注目度C:狭間大暉投手は2年生、177cmから140キロを超す速球を投げ、若杉と左右のエースとなりそう。まずは球の勢いに注目したい。

注目度C:宮川雄基選手も2年生で、1年秋はショートを守った。2番バッターで打率.462を記録、盗塁を決められる足もある。ショートでの動きと打撃の形などを見たい。

注目度C:井上功介選手は3年生外野手、試合出場は少ないが遠投100m、50m6.0秒の足はチーム1の身体能力。出場したら肩と足に注目したい。

チーム

宮川選手や野上選手など1,2番が打率4割の高いアベレージでチャンスを作り、4番・野辺選手がしっかりと返す。ホームランで目立った選手はいないものの、高い得点率を誇るチームで打撃では九州NO.1と評価される。

しかし投手力もレベルが高く、2年生の若杉選手が軸となるが、リリーフでは140キロ台を投げる右腕投手がそろう。

打線は2ケタ得点も多く、7,8点を奪う力がある。投手は無失点の時もあれば6,7点失う所もあり、リリーフ陣がしっかり押さえて失点を抑えたい。

明豊高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価


PAGE TOP