広陵・河野佳投手は2500回転の148キロ

広陵高, 河野佳

センバツ大会に出場する広陵が甲子園の室内練習場で大会前練習を行い、エースの河野佳投手も投球練習を行った。

2500回転

河野佳投手は174cm76kgと上背はあまりないものの、最速148キロの速球を投げる。そのストレートは低めにも伸びてゆき球質の良さも注目していたが、球の回転数を計測した所、2500回転だった事が分かった。大谷翔平選手やMLBの投手の平均が2200回転と言われており、球質をから見ると回転軸もかなり水平に近いのではないかと思う。

回転数から生み出されるのはホップ成分で、昨年夏の甲子園でストレートが注目された吉田輝星投手がホップ成分が53センチと、NPB平均と言われる44cmを大きく上回り、伸びていくストレートだった。河野投手もホップ成分がかなりありそうだ。

河野投手は昨年秋は130キロ後半のストレートが多かったものの、明治神宮大会の初戦・星稜戦では2番手で登板し、2回1/3を3安打4奪三振で自責点0という結果を残した。先発した石原勇輝投手が7失点を喫した後の登板だったが、空振りも見逃しも奪えるストレートを見せた。

そしてその後、フォームを固定させるためのトレーニングを行い、球速は148キロまで伸ばし、それに伴って回転数も増した。

今大会では5本の指に入る投手だと思うが、球質では石岡第一の岩本大地投手とともに奥川投手や及川投手よりも上なのではないかと思う。どんな投球を見せるか非常に楽しみ。

センバツ注目投手TOP5は?
広陵高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

威力あるストレートは河野の武器だが、驚くべきは直球の能力を示す1分間あたりの回転数だ。他の投手は1分間で約2000超という中、河野の回転数は約2500という。測定器械は違うが、エンゼルス大谷翔平投手(24)の直球でも約2200回といわれる中、高校生投手としては驚異的な数字をたたき出す。中井哲之監督(56)は「河野の回転数は抜けている。今は一番調子がいい投手」と厚い信頼を寄せる。


PAGE TOP