筑陽学園の145キロ右腕・西舘昂汰投手「プロに行きたい」

筑陽学園, 西舘昂汰

センバツに出場する筑陽学園、187cmから145キロの速球を投げる西舘昂汰投手は、プロに行きたいと話している。

この春に145キロ記録

西舘昂汰投手は187cmの右腕投手、中学時代は最速113キロだったが、高校で体重が20kg増え、この春に145キロを記録した。プロも注目し、センバツでも屈指の注目投手、まだまだ伸び盛りの投手でもある。

その西舘投手は、昨年秋の九州大会初戦・小林西戦で0-0の9回ノーアウト1,2塁の場面で登板し、無失点で切り抜けている。「あれが一番自信になった」と話す、この冬の大きな成長へつながった。そして、「自分としては完封より、目の前の打者に集中して抑えるリリーフの方が向いているかもしれません」とリリーフに適性があることを話した。甲子園では先発に西投手などがおり、甲子園ではリリーフで登板する可能性が高い。

その西舘投手は「150キロを出せるように頑張りたい」と話す。長兄が筑紫丘で野球をしていたが、高校卒業後に一浪して東大に合格した。その努力を見ていた西舘投手は「自分はまだまだ努力が足りない」と話すが、将来については、「ドラフトにかかればプロに行きたい。でも最後は指導者になって筑陽学園に戻りたい。」と話し、プロ入り、そして高校の指導者という夢を話した。

まずはセンバツで長身からの140キロ中盤の速球を見せ、今年秋のドラフト会議へのステップにしたい。筑陽学園は4日目第1試合で福知山成美と対戦する。

センバツ高校野球大会(2019)の組み合わせと注目選手
センバツ注目投手TOP5は?
2019年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト

ドラフトにかかればプロに行きたい。でも最後は指導者になって筑陽学園に戻りたい。センバツ出場が決まって小学校時代に所属していたチームの後輩から『夢をもらいました』と言葉ももらい、教えることの大事さを知った。ここまで来られたのも、いろんな人から応援してもらったんで。


PAGE TOP