明徳義塾の注目選手ー2020センバツ出場予定だった選手の紹介

明徳義塾, 代木大和, 鈴木大照, 元屋敷大誠, 新沢颯真, 合田涼真, 新地智也, 畑中仁太, 米崎薫暉, 奥野翔琉

センバツに出場する予定だったチームの注目選手を紹介します。またいずれ見る機会が訪れると信じて。今日は四国チャンピオンの明徳義塾。

明徳義塾の注目選手

注目度A:必見・見ないとヤバイ、注目度B:成長をチェック、注目度C:素質をチェック

注目度A:奥野翔琉選手、50m5.7秒を記録する脅威の俊足で、秋の公式戦は打率.424、13四死球を奪い7盗塁を記録した。足で飯を食っていける選手。

注目度B:鈴木大照捕手、遠投110mの肩を活かして捕手に転向し、新地投手を巧みにリードした。捕手としての基本ができてくれば楽しみ。まずは肩を見たい。

注目度B:米崎薫暉選手(2年)、遠投115mの強肩で1年生で明徳のショートを守った。父は元プロ野球選手で、まずはショートからの肩を見たい。

注目度B:代木大和投手(2年)、183cmから140キロ近くを投げる左腕投手として入学時から期待を寄せられる。秋は故障のため明治神宮大会の中京大中京戦の1試合の登板だけだったが、復調の手ごたえを感じていた。

注目度B:元屋敷大誠選手、中学時からスラッガーとして注目され、昨秋も2本塁打を記録、リストが強く強い球を打ち続けられる。打球の強さと共に肩を見たい。

注目度C:畑中仁太投手(2年)、183cm81kgの右腕で最速は138キロ、力のある球を投げており、右のエース候補。まずはストレートの強さを見たい。

注目度C:新地智也投手、エース。秋は71回を投げて与四死球は9のみと抜群の制球力を誇る左腕、ストレートをインコースにしっかりと投げられる。球の強さを見て行きたい。

注目度C:合田涼真選手、2番サードでプレーする。昨秋は1本塁打10打点を挙げ、思い切りの良い打撃の中でも四死球もしっかりと奪う。遠投95mの肩もあり、守備と打撃を見たい。

注目度C:新沢颯真選手、5番ファーストの選手。秋は打率.458で1本塁打16打点。打撃のセンスを見たい。

チーム

投手はエース・新地が1人で投げぬくパターンだが、代木、畑中の2年生もそろそろ出てきそうで期待したい。打線は1番奥野が驚異的で、3番鈴木は足も使え、4番・元屋敷はしっかりと還せる。

投手が3点に抑え、打線が8点を奪う。例年通りの総合力の高いチームとなっている。

明徳義塾高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価


PAGE TOP