オリックス・吉田一将投手、東明大貴投手が好投、東北楽天・松井裕樹投手と北海道日本ハム・浦野博司投手が今日先発

浦野博司, 松井裕樹, 吉田一将東明大貴

 オリックスと横浜DeNAのオープン戦が行われ、オリックスのドラフト1位・吉田一将投手とドラフト2位・東明大貴投手がそれぞれ1イニングずつを投げた。

 

共に1回無失点

 ドラフト1位の吉田一将投手は4回に登板すると、ストレートは140km/h前後ながらほとんど高めにいかず、低めのストレートで1安打無失点、黒羽根選手にはカーブで三振を奪って抑えた。吉田投手は「高めに浮いた球もあったが、思っていた感じで投げられた。開幕ローテを狙っていく。」と話した。

 キャンプ中に右肩の張りを訴えてゆっくりめの調整をしており、社会人時代には大体143km/h前後を記録していたストレートも4,5キロ遅かった。最速は150km/hを越すが、社会人時代もコントロール重視で低めに投げ続けて抑えていくスタイルでそれは見せていた。今後は球速を上げてゆき、開幕1軍を目指していく。

 また東明大貴投手は最速147km/hをマーク、石川、梶谷といったDeNAのレギュラー陣から三振を奪い、大学、社会人時代の勢いのあるピッチングを見せた。「うまくいくとは思っていなかったので自分が一番驚いている」と話した東明投手、大学時代にドラフト上位候補に名前が挙がり、プロ志望届けを提出したものの指名されなかった悔しさをバネに社会人でさらに成長をした。

 大成功ドラフトと評価された2013年のオリックスのドラフト会議、徐々にその成果を見せ始めた。

 

松井裕樹投手、浦野博司投手が先発

 またドラフト1位投手では東北楽天の松井裕樹投手が今日の千葉ロッテ戦で先発し3回を投げる。先日の巨人とのオープン戦では2回をパーフェクトに抑えたが、卒業式や新人研修で間が空いての登板となる。また実際に戦うパリーグのチームが相手という事もあり、松井投手は相手をみながら、そして相手も松井投手に鋭いまなざしを送る事になる。

 また、大学、社会人と吉田一将投手、東明大貴投手とともに注目され、昨年のドラフトで北海道日本ハムにドラフト2位で指名された浦野博司投手が先発する。

 チーム方針で社会人ながらも2軍で調整してきたが、紅白戦で2回1安打無失点と好投し評価を挙げている。吉田投手や東明投手、千葉ロッテの石川歩投手や福岡ソフトバンクの森唯斗投手、岡本健投手などが活躍する中で、その中でも高い評価を受けていた社会人投手としてその実力を見せていく。

 

 社会人NO1、2の呼び声が高かった2人が、本拠地のマウンドで躍動した。まず、4回のマウンドに上がったのは吉田一だ。「ここから(プロの世界が)始まるんだなと思った」。最速142キロの直球と、抜群の制球力で1回を1安打無失点。1三振を奪った。

 打者を翻弄した。先頭のバルディリスを、オール直球勝負で右飛。多村を遊ゴロに抑えてから松本に左前安打を浴びたが、黒羽根を116キロのカーブで空振り三振に切り捨てた。「高めに浮いた球もあったが、思っていた感じで投げられた。開幕ローテを狙っていく。残り1か月で課題をつぶしていく」と笑顔を見せた。

 負けじと東明も快投を演じた。続く5回から登板し、最速147キロの直球を軸に1回を無安打。石川、梶谷から三振を奪う完璧な内容に「正直ここまで抑えられると思っていなかった」と驚きながらも自信を深めた。

  キャンプ序盤は右肩不安を抱えながら「遅れたという感覚はない」と言い切った。「このマウンドが本拠地になる。ここから始まる。開幕ローテを目指していきたい」。当面の目標に下方修正はなかった。

 東明の自己採点は「60点」だった。吉田一の後を受け5回からマウンドに。石川をフォークボール、梶谷を直球で空振りさせた2奪三振を含む完璧な内容。147キロを計測し投げ込むテンポの速さも際立った。「やってきたことを出したかった。うまくいくとは思っていなかったので自分が一番驚いている」。声が弾んだ。


PAGE TOP