横浜DeNA・山崎康晃投手がプロの洗礼浴びるも結果見せる、先発かリリーフか

山崎康晃, 横浜DeNA

 横浜DeNAのドラフト1位ルーキー・山崎康晃投手が練習試合で対外試合デビューし、3回2安打2失点も合格点のピッチングを見せた。

外角ストレートをライトスタンドに

 山崎康晃投手の代名詞と言えば、「外角低めのストレート」だが、初回、好調の西川選手に出塁を許すと4番・中田翔投手にフルカウントから自信を持ってなげた外角低めのストレートをライトスタンドに流し打たれた。山崎投手が外角低めのストレートをライトスタンドにホームランされたのは「人生で初めて」だという。まさにプロの洗礼を浴びた形となった。

 侍ジャパンの4番を打つ中田選手をほめるべきだと思う。コースも球威もあり普通の選手ではホームランにはできない球だろう。しかしこのホームランを浴びた事で、山崎投手の成長の機会を得る良いきっかけになると思う。

 大学までは山崎投手はツーシームでタイミングを外し、最後は外角低めに130km/h後半のストレートを投げれば、大体は見逃しで三振を奪う事ができた。得意球を少し抑え気味に投げても三振を奪う事ができ、リリーフとしても活躍できた。しかし、この得意球も打たれる可能性があるとなった事で、変化球の決め球の必要性を感じただろう。

 

ツーシームを軸にもう一つ変化球必要

 ストレートは角度もあり、コントロールも抜群で山崎投手の持ち味を見せた。また3回には145km/hを記録するなどストレートの球威も増しており、もっと出せるだろう。中田選手に打たれてからは大谷翔平選手からツーシームで三振を奪い、岡大海選手からナックルで三振を奪った。

 しかし、カウントを取りに行くチェンジアップやカーブはやや緩くて甘く、決め球のツーシームも、ストレートの調子が悪い時には一流の打者には粘られる可能性がある。

 山崎投手はストレートが良くない時に変化球でかわすピッチングを見せるが、いまいちの内容で亜細亜大の生田監督も不満を見せていた。長いシーズンを戦っていく上で、調子が良くない時にどれだけのピッチングができるかがポイントとなる。そのために、もうひとつ頼ることができる変化球が必要だろう。

 話題になっているナックルは、緩くて揺れる特殊な球で、早い腕の振りがある山崎投手では、決め球というよりもタイミングを外す球になってしまう。得意のツーシームもストレートが良い時に空振りを奪える球という感じがする。

 本来ならばフォークボールなどスピリット系が良いのだが、おそらく手があまり大きくないのではないかと見られる。そうなるとスライダーを決め球に磨いた方が良いのではと思う。

 

開幕は確実か

 この日の投球内容ならば開幕1軍は確実とみられる。あとは登板のしかたの選択となるだろう。リリーフならば短いイニングで強いストレートを投げ、今の変化球とのコンビネーションで三振を奪える投手として活躍できるだろう。

 先発ではストレートが良い時はポンポンとイニングを進めていきそうだが、疲れて球威が落ちた時や1年間でストレートの調子が良くない時は、通用しない試合も出てくるかもしれない。首脳陣と共にどんな選択をして、まだどんな成長をしていくのか、見続けてゆきたい。

 

 新人なら誰もが通る道だった。初回2死三塁、フルカウントから右翼席へ運ばれた。「あそこまで飛ばされるとは。プロの洗礼ですね…」。侍ジャパンの主砲に2ラン。潔く格の違いを認め、続く大谷はプロ初被弾と同じツーシームで空振り三振に仕留めた。

 

  「悪くはなかったと思います。スイングも崩せていたので。(中田に)プロの洗礼を浴びましたが、次はリベンジしたいですね」。2、3回はいずれも3者凡退に仕留め、3回2失点にまとめた。2回には得意のナックルボールで岡から見逃し三振を奪った。使い手が少ないだけにナックルボールに注目が集まるが、実は最も自信があるのはツーシーム。大谷は「タイミングを抜かれました」と素直に脱帽した。


PAGE TOP