DeNA・東投手が「このチームに入って良かった」3球団スコアラー警戒

東克樹, 横浜DeNA

横浜DeNAのドラフト1位ルーキー・東克樹投手が2度目のブルペン入りをし、広島、巨人、中日のスコアラーがそれぞれ高い評価と警戒を示した。

スコアラー警戒

この日のブルペンではストレート共に変化球も交え、41球を投げ込んだ。この投球を見たセリーグの3球団のスコアラーは、それぞれ高い評価と警戒を示している。

巨人の横川スコアラーは、「力感が無く、リズムが岩瀬さんタイプ。今永らいい左投手がいるが遜色ない。」と話し、「ベース上で速い、質の良い真っすぐ。すぐに使える」と評価した。また中日の加藤スコアラーも「とにかく直球のキレがいい。左4投手は全員やりづらい」と話した。

そして広島の奥スコアラーは「球に力もあるし制球もまとまっている。評判通りに力がある。田中、丸、松山と主翼に左が多いので嫌」と話した。

このチームに入って良かった

東投手は、今永投手や濱口投手を質問攻めにして、左腕としてアドバイスを受けているという。「次のクールから座らせて投げたい。ウズウズしている」と、学んだことを早く実践的な投球で試したいと話し、「毎日が勉強。このチームに入ってよかった」と話した。

DeNAは昨年も濱口投手を、石田投手や今永投手がアドバイスし、今永投手はシーズン中も濱口投手の運転手を務めてアドバイスをしたという。その結果、濱口投手は10勝を挙げる活躍を見せた。

今年は東投手がその番となるし、もちろん石田投手、今永投手、濱口投手もそれに負けられない。4人とも10勝という事も現実的なものになりそうだ。

横浜DeNAベイスターズ、過去のドラフト指名一覧

「次のクールから(捕手を)座らせて投げたい。ウズウズしている」と東。今キャンプでは今永、浜口らを質問攻めにして「毎日が勉強。このチームに入ってよかった」と向上心は尽きない。貪欲に勝利を目指す左腕が、優勝への鍵を握る存在となりそうだ。


PAGE TOP