オリックスのドラフト8位・小田裕也選手が3安打2盗塁、ミスに発奮

小田裕也

 オリックスが韓国KTと練習試合を行い、ドラフト8位ルーキーの小田裕也選手が9番レフトで出場したが、2回に飛球を見失い2塁打にしてしまうミスを犯した。

反省からの3安打

 2回先頭打者の打球はレフト後方への飛球だったが、小田選手は打球を見失った。「飛球の高さが想像以上だった」と話し、デーゲームだったがサングラスを着用していないなどの準備不足に反省を見せた。森脇監督も「そのことに触れようとは思わない」と話した。

 しかし3回の初打席で一二塁間にヒットを放つと、4回は三遊間にタイムリーヒット、第4打席にはライト前にヒットと3安打、広角に打ち分けて見せた。

 また出塁すると2つの盗塁を決めた。小田選手は「打っても全然うれしくない。守備や走塁ミスがあって」と話したが、「盗塁だけは良かった」と自分アピールポイントをしっかりと見せられた事をコメントした。森脇監督も、「3本の安打を自信にして発展してもらいたい」と話した。

 

イケメン

 ルーキーの中でイケメン度ではトップクラスと評判だった。一昨年は日本生命で小林誠司捕手と共にイケメン選手と注目され、巨人や広島などが獲得を狙っていたものの、指名は無かった。昨年のドラフトで8位で指名され、ギリギリのプロ入りだったが、同じスタートラインから3歩進んで2歩下がるスタートという感じだ。

 派手なミスと活躍で、イケメンという事もあり華のある選手なのかもしれないが、一つのミスが野球人生を大きく変えるプロの世界、良い所を伸ばす事とミスを減らす事が小田選手の野球人生を延ばす事になる。

2014年ドラフト会議/指名選手一覧 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

 

「打っても全然、うれしくないですね。守備も走塁もミスがあったので。でも、盗塁だけは良かったかな」。3、8回にそれぞれ二盗を決めた。スタートを切ってからトップスピードに乗る速さが、首脳陣も認める武器だ。

 2回の守備でミスをしてから、サングラスを着用した。そうした準備不足に、森脇監督は「そのことに触れようとは思わない」とバッサリ。それでも「3本の安打を自信にして発展してもらいたい」と期待をかけた。


PAGE TOP