中日ルーキー、シート打撃で結果残す、浜田智博投手は5奪三振

中日ルーキーニュース

 中日は昨年のドラフト会議で即戦力ばかり9人を指名し、8人が1軍キャンプで開幕1軍を目指して戦っている。この日はシート打撃が行われ、ルーキー達が結果を残した。

浜田投手は2失点も5奪三振、巨人スコアラー警戒

 バンザイ投法で注目を集めているドラフト2位の浜田智博投手は、この日シート打撃で登板すると、1アウトから四球のあと3連打で2失点を失った。しかしその後、大島選手から三振を奪うなど打者10人に対して5つの三振を奪った。

 結果としては3安打2失点5奪三振と荒れた内容となり、「いい球と悪い球がハッキリしていた。ランナーを出して、セットからがまだまだ」と課題を挙げた。しかし、「フォームは安定してきている。上半身と下半身が合ってきている」と手応えもつかんでいる。

 打者が「今まで見たことのない球の軌道」と話す浜田投手、登板すれば相手チームは厄介だろう。巨人の樽見スコアラーも「タイミングが取りずらそう。スライダーはキレてくるし、思った以上に球威もある」と警戒を示した。

 

野手陣も結果

 昨年のドラフトでは実績のある社会人達の指名を続けた。この日は昨年リリーフで活躍した祖父江大輔選手から、ドラフト7位の遠藤一星選手がヒットを放つと、ドラフト4位の石川駿選手、ドラフト6位の井領雅貴選手もヒットが続いた。

 社会人で実績を残した3人だけに、昨年プロ野球で活躍したとはいえ、トヨタ自動車時代に対戦のある祖父江大輔投手に臆することなく、「社会人時代から祖父江さんの投球の組み立てを知っていた」と話した。

 遠藤選手は3打数1安打、石川選手は3打数2安打、井領選手は4打数2安打、井領選手はタイムリーヒットも記録し、守備でもスライディングキャッチを見せるなどアピールしている。

 社会人で毎年ドラフト候補に挙げられようやくプロ入りをかなえた選手が、プロ1年目から他の選手を圧倒する活躍を見せれば、これに続く社会人野手の指名も多くなるだろう。

2014年ドラフト会議/指名選手一覧 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

 右足を上げた後、バンザイするように両手を高く上げ、そこからほとんどテークバックを取らずに左腕を振る珍しいフォーム。3連打の直後、1死一、二塁で昨季186安打した左の大島を迎えると、外角高めのスライダーがぎりぎりに決まり、見逃し三振。昨季11・5打席に1個と、セ・リーグの規定打席到達者で最も三振をしない巧打者も幻惑された。

 3打数1安打の遠藤は「社会人時代から祖父江さんの投球の組み立てを知っていた」。3打数2安打の石川も「崩されてから、どれだけ打てるかだと思う」と、スライダーを左手一本で捉えた。井領も4打数2安打で「同期入団がパパンと打ったので意識した。勝負強さが売りなので、あの場面で打ててよかった」と屈託なく笑った。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント