オリックス・ドラフト1位の山岡泰輔投手が初ブルペン

山岡泰輔

オリックスのドラフト1位ルーキー・山岡泰輔投手が初めてブルペンに入った。

体全体を使って

新人合同自主トレで初めてブルペン入りした山岡泰輔投手は、捕手を立たせた状態で28球を投げた。「状態が上がってる感触はありますね。傾斜の感覚だけつかみながら投げた」と話した。

視察していた星野投手コーチは「体は小さいけど全体を使って投げている印象。キレがありそう。1軍キャンプの可能性はある」と評価した。

山岡投手は172cm68kgと、下手をすると一般の人よりも体重は軽いくらい。しかし140キロ後半の速球と鋭いスライダーで昨年のドラフトでは社会人NO.1投手としてドラフト1位で指名された。小さいながらも強い体と、全身を使ったフォームでこれだけの球が投げられるのだろう。

開幕ローテーションが有力視されているが、まだ成長の幅もあると思う。今年1年間の実績とともに来年以降にさらに成長することを期待したい。

見守った星野投手コーチは「体は小さいけど全体を使って投げている印象。キレがありそう。1軍キャンプの可能性はある」と好印象を口にしていた。


PAGE TOP