2017年の高校野球の展望

履正社, 大阪桐蔭, 札幌第一, 早稲田実, 秀岳館, 福岡大大濠, 東海大市原望洋, 作新学院高

3月19日~ 第89回選抜高校野球大会
6月末~  第99回全国高等学校野球選手権地方大会
8月7日~  第99回全国高等学校野球選手権大会
9月1日~10日 2017 WBSC U-18ワールドカップ

1月27日にセンバツ出場校が発表される。そのセンバツ大会は明治神宮大会で優勝をした履正社がまずは優勝の本命となる。決勝で清宮選手に対抗してホームランをきっちり放った左のスラッガー・安田尚憲選手と、主軸で力強い打球を打つ右のスラッガー若林将平選手を擁し、また145キロを投げる竹田祐投手も好投手タイプで結果を残していけしその他の選手もそろっている。

また明治神宮大会準優勝の早稲田実も3番・清宮幸太郎選手は高校通算78本塁打を放っており、センバツで1年夏以来の甲子園での一発も期待されるほか、練習試合でもホームランの数が増えるたびに報道されるだろう。新2年生になる4番の野村大樹選手も強打者で試合を決める力のある選手、スカウトは野村選手もマークしながら早稲田実に足を運ぶことになる。

センバツに話を戻すと、明治神宮大会ベスト4の三浦銀二投手と古賀悠斗捕手が注目される福岡大大濠や、昨年春夏ベスト4で木本凌雅が注目される秀岳館、149キロ右腕の山口翔のいる熊本工などの九州勢や、一昨年のセンバツと昨年夏の甲子園で準優勝をしている北海道勢も注目したい。

選手層の厚い仙台育英、盛岡大付、作新学院、大阪桐蔭も優勝候補で、センバツでは2年生選手が活躍する事が多く、大阪桐蔭の新2年生・根尾昴選手の活躍に期待したい。また夏の覇者・作新学院は昨秋の関東大会でも優勝しており、大関秀太郎投手や鈴木萌斗選手が注目される。

作新学院が夏春連覇を目指すなら、智弁学園は春連覇を目指す。太田英毅選手、福元悠真選手が3年生となり、投手も松本竜也投手に、昨年の村上頌樹投手のような期待が高まっている。他にも東海大市原望洋は抜群の安定感を見せる金久保優斗投手が、神戸国際大付は長打力もある猪田和希捕手が、宇部鴻城は4番遊撃手の嶋谷将平選手がそれぞれチームを引っ張り優勝候補に入ってくる。

センバツが終わると春季大会、NHK旗などの地区の大会、そして各方面で練習試合の招待試合などが行われたりする。ここでの話題の中心は早稲田実の清宮選手という事になりそうで、どこに行ってもスカウトが大挙押し寄せる形となるだろう。進路についてはまだこの時期には発表しないかもしれない。

夏の地方大会では昨年の今井達也投手のように急成長する投手が出てくるかもしれず、スカウトたちはあちこちに足を運ぶことになる。10ケタ球団が一気に集まるという選手が出てくるか注目したい。昨年は藤平投手、寺島投手、高橋昂也投手がBIG3と称されたが、今年だと、八戸工大一の古屋敷匠真投手や鶴岡東の吉住晴斗投手、大曲工の藤井黎來が東北BIG3の候補、関東では青藍泰斗・石川翔投手、東海大市原望洋・金久保優斗投手がいるが、もう一人どこかから出てくるだろう。ほかにも富山第一・森圭名投手、星稜の清水力斗投手、寺西建投手、菰野の岡林飛翔投手、宇治山田の宮原大樹投手、広陵の平元銀次郎投手等も注目だ。

また金成麗生選手と清宮キラーの櫻井周斗投手がいる日大三と早稲田実の対戦や、正木智也選手のいる慶応義塾高校も横浜との対戦なども注目される。

夏の甲子園では増田珠選手、福永奨捕手に来年のドラフト候補・万波中正選手のいる横浜、陶山勇軌選手や宮里豊汰選手のいる常総学院、岡田悠希選手のいる龍谷大平安、村上宗隆選手のいる九州学院など、センバツに出場できなかったスラッガーたちの競演にも期待したい。

9月にはU18W杯がカナダで行われ、清宮選手や金久保投手を中心にしたチームが世界一を争う。アジアチャンピオンの日本のライバルは2016年U18パンアメリカン大会で優勝をしているアメリカ、前回も決勝で敗れている。メンバーの予想はU18代表小枝監督「攻撃力に厚み増す」 で行っています。

他にもメキシコ、ニカラグア、キューバ、オランダ、イタリア、台湾、韓国の出場が決定しており、オセアニアとアフリカから1チームずつが出場する。

そして秋を迎えるとドラフトの話題が中心となる。U18W杯後にも清宮選手が進路を決断するとみられ、その動向が注目される。そして高校生のプロ志望届の提出が始まりドラフト会議を迎える。

また高校野球は、来年夏の100回大会に向けてすでに動き出している。千葉、埼玉、神奈川、大阪などのいくつかの地区は2校が甲子園に出場する事になるとみられ、特に強豪校は今年新2年生になる世代と今年入学する1年生に良い選手を集めている。早稲田実の野村選手、大阪桐蔭の根尾選手、横浜の万波選手などにも注目されそうだ。

2018年度-高校生のドラフト候補リスト


PAGE TOP