広島のドラフト3位ルーキー・田中広輔選手が本塁打、開幕スタメン入りも

田中広輔

 広島のドラフト3位、田中広輔選手が社会人オール広島との試合で2番で出場すると、初回にライトスタンドにホームランを放った。また守備でもセカンド、ショート、サードの3つのポジションをこなし、カープにとって心強い存在となりそうだ。

 

内野手も充実へ

 広島は2011年に梵英心選手が膝を怪我し、状態を考慮しながらに出場となったのに加え、東出輝裕選手も左膝前十字靭帯を断裂して昨年1年間を棒に振った形となった。内野手の補強が課題と言われる中で、2011年にドラフト2位で指名した菊池涼介投手が昨年はゴールデングラブ賞を獲得するまで成長し、そしてもう一人、2013年にドラフト3位指名した田中広輔選手が新しいカープの最後のピースとなりそうだ。

 この日は昨年までプレーした社会人野球の選手との対戦という事でいきなりホームランを放って挨拶をした。その後、イニング中に広島が内野をシャッフルし、セカンド、ショート、サードを守ったがそつなくこなし、盗塁も決めるなど活躍を見せた。

 オープン戦でもレギュラーとしてプレーしており開幕スタメンも予想され、昨年CS初出場を果たしたチームにとって、田中選手が優勝へと背中を押す。内野手の危機を3年間で見事に入れ替える事になりそうで、広島のドラフトの成功が伺える。

 

投手もキープ

 広島の2013年のドラフト指名選手のうち、ドラフト2位の九里亜蓮投手、ドラフト3位の田中広輔選手が結果を見せている。また大瀬良大地投手も結果はまだだが、その素質を高く評価されている。チームは昨年にFAで大竹投手が移籍し、今年オフは前田健太投手がメジャーへ移籍する事を容認している。チームの先発が2年連続で抜ける事は非常に痛いが、それもドラフト会議や人的補償によって埋められるかもしれない。

 とはいえ、前田健太投手の穴は大きいだろう。今年もカープは投手の1位指名が予想される。広島出身の有原航平投手が獲得できれば大瀬良投手らと共に穴を埋められるかもしれない。

 

  広島のドラフト3位・田中が6日、本拠地初打席で“プロ1号”を放ち、開幕スタメンを猛アピールした。社会人オール広島との練習試合に「2番・遊撃」で先発出場。初回無死一塁で、内角高め直球を右翼ポール際のスタンド中段まで運んだ。

 「しっかり振れたのはよかった。右方向へ強く打ちたいと思っていた」

 進塁打を意識しながらの一発。それよりも自画自賛したのは、カウント1―2と追い込まれながら、四球を選んだ2打席目だ。「本塁打の後は乱れることがある。ボール球に手を出さず、四球を選んだ打席の方がよかった」と強調してみせた。


PAGE TOP