大盛穂

広島カープが昨年の育成ドラフト1位で指名した大盛穂選手が、ファームで活躍を見せている。強肩・俊足の外野手に支配下登録の期待が高まっている。

小園海斗

広島のドラフト1位ルーキー・小園海斗選手が、埼玉西武とのオープン戦で第1号ホームランを放った。高卒ルーキーでは2013年の大谷翔平選手以来となる。

オリックスのドラフト2位ルーキー・頓宮裕真選手が、東北楽天との練習試合でバットを折りながらホームランを放った。オープン戦でも各球団のルーキーが活躍を見せている。

小園海斗

広島カープのドラフト1位ルーキー・小園海斗選手が、3月も1軍に同行することが決定、緒方監督は「他と見劣りしない」と評価している。

小園海斗, 島内颯太郎

広島はこの日、阪神と練習試合を行ったが、ドラフト1位の小園海斗選手、ドラフト2位の島内颯太郎投手がそれぞれ持ち味を見せ、開幕1軍に順調に向かっている。

島内颯太郎

広島カープのドラフト2位ルーキー・島内颯太郎投手が紅白戦で登板し、2回をパーフェクトに抑える投球を見せた。

正随優弥

広島のドラフト6位ルーキー・正随優弥選手が、キャンプ2日目のフリー打撃で140m弾を2本放ち、新井2世の期待が高まっている。中日のスコアラーも警戒を示した。

小園海斗

広島は全体のスタッフミーティングを行い、キャンプの1軍、2軍の振り分けを行った。昨年のドラフト会議で4球団が指名競合した小園海斗選手は、高校生野手としてはチームで27年ぶりとなる1軍キャンプスタートとなる。

羽月隆太郎

広島カープにドラフト7位で指名された羽月隆太郎選手が、新人合同自主トレでドラフト1位の小園海斗選手に負けない存在感を見せている。

No Image
2018年の新人王は、セリーグはDeNAの東克樹投手でした。野球太郎では東投手を予想していましたが、昨年の記事では、巨人の田中俊太選手を本命とし、見事に外しました。懲りずに今年も予想します。

スポンサーリンク
PAGE TOP