広島、ドラフト1位の野間峻祥選手とドラフト6位の飯田哲矢投手を1軍キャンプに

広島カープルーキーニュース

 広島カープはスタッフ会議を開き、昨年のドラフト1位・野間峻祥選手とドラフト6位の飯田哲矢投手を1軍キャンプメンバーとした。

2人が1軍キャンプ入り

 広島はドラフト1位の外野手・野間峻祥選手と、ドラフト6位の左腕・飯田哲矢投手を1軍キャンプメンバーとした。野間選手は中部学院大出身で、プロ選手と比較しても引けを取らない180cm80kgの体ができ上がっており、体力的にも十分1軍キャンプでやっていけそうだ。

 大学時代は打撃については4年秋の明治神宮大会の九産大戦で、エース・浜田智博投手などから4打数3安打を記録している。2回戦の駒大戦では今年のドラフト1位候補・今永昇太投手に4打数1安打2三振に終わり、プロで一流の投手の球に慣れていけるかだろう。

 ただし、守備では強肩を見せ、また走塁では大きな体だが鋭い加速とベースランニングで一気に2塁、3塁まで駆け抜ける迫力を見せる。足、肩でアピールし打撃を伸ばしていく、広島型の育成がハマりそうな選手だ。

 また飯田哲矢投手も昨年秋の日本選手権では、リリーフながら先発の関谷亮太投手が不調でロングリリーフをこなし、初戦のJR九州戦では6回1/3を投げて5安打8奪三振無失点、続くヤマハ戦も2番手として3回2/3をノーヒット5奪三振と抜群のピッチングを見せた。

 この結果をドラフト前に残していたらもっと高い順位で指名されたかもしれない。クセ球と言われる変化球がプロの打者に通用するか、コントロールも1軍レベルかどうかが開幕1軍の条件となる。

 これからサバイバルが始まる。

2014年ドラフト会議/指名選手一覧 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント