東北楽天・安楽智大投手、久米島班(1軍)メンバーに

東北楽天ルーキーニュース

 東北楽天はスタッフ会議を行い、昨年のドラフト1位・安楽智大投手を、1軍キャンプに当たる久米島班のメンバーにすることが決まった。

監督の手元に

 東北楽天は今年から1軍キャンプ、2軍キャンプとは言わずに実戦的な練習に取り組む久米島班と、課題に専念したり育成をする仲里班に分ける。基本的に久米島班が1軍キャンプにあたり、紅白戦など実践を中心とし、そこで結果が出せなかったり課題が見つかった選手が仲里班に移ってじっくりと取り組みという事のようだ。

 そして昨年のドラフト1位・安楽智大投手は、久米島班に入ることが決まった。大久保監督は「突っ走らないようにしていくことはできる。我々はいかに無理させないか。」と、安楽投手を近くに置く事で、飛ばし過ぎをさせない様にすることが狙いのようだ。

 ただし、「本当に使えるかもしれないし、見極めていく」とも話す。安楽投手は「目標としてきたし、うれしい。開幕ローテを目指して、自分の持ち味である速球で、まずは肘に不安がないことを証明したい」と話し、あくまで開幕1軍を目指す。

 

ブルペンの魔物

 新人投手を1軍に置くという判断は、12球団とも悩ましい所でもある。ブルペンでは数人が横に並んで投球をする。隣の投手を意識しない事は難しい。

 そして、1軍クラスの投手は球のキレもコントロールも違ってくるため、新人はそれに合わせようと、または超えようとして自然力が入ってしまいオーバーペースになったりする。また圧倒されて自信を崩す選手もいる。

 このブルペンの魔物に安楽投手がどのように立ち向かうか、そして監督・コーチ等の首脳陣が、自然に力が入ってしまう新人選手をどのように投げさせるかなどを注目したい。

 

 「目標としてきたし、うれしい。開幕ローテを目指して、自分の持ち味である速球で、まずは肘に不安がないことを証明したい」。右肘の状態を、首脳陣が不安視していることは理解している。ブルペンで本来の直球を投げ込むことで、ローテ争いのスタートラインに立つ。

 非凡な才能を認めているからこそ、手元でじっくり育てたい。スタッフ会議後、大久保監督は「持っているものは超一流。我々は見たいし、手元に置きたい。彼にも勉強してほしい。あくまでメーンは育成」と語り、今回の決定の背景には「英才教育」を施したいとの強い意向があったことを明かした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント