中村奨成選手に注目、カープ2軍キャンプのファン数が1軍キャンプ越える

中村奨成, 広島カープ

広島カープの2軍キャンプが、山口県岩国市でスタートしたが、ファン1500人が集まり、宮崎日南で行われている1軍キャンプのファン数1300人を超えた。

マスコミも集結

他にもテレビカメラが11台、報道陣も約50人が駆けつけ、中村奨成選手の姿を報道した。投内連係の練習では、セカンドに鋭い送球を投げ、ファンからはどよめきが起こったという。

水本2軍監督は「すごいな。中村効果は」と話した。昨年は2軍キャンプ初日のファン数は50人だったという。予想を上回る大勢のファンが視察する中でプレーした中村選手は、「楽しかった。たくさんの方がキャンプを見に来て下さった。自分のファンの声援を力に変えて頑張りたい」と話した。

この日は、ブルペンでは3投手の球を受けるなど、初のプロの練習についていった。「やることがたくさんあって戸惑ったけど、白浜さん、船越さん、倉さんが丁寧に教えて下さった」と先輩捕手やコーチにも感謝をしていた。

打撃練習は公開をしなかったというが、いずれ打撃でも鋭い当たりを見せてくれるだろう。これからも1軍と互角かそれ以上のファンの中でアピールし、1軍昇格を目指す。

広島東洋カープ、過去のドラフト指名一覧 

奨成バズーカ発動、1軍上回るファン1500人どよめき 西日本スポーツ紙面 2018/2/2

 


PAGE TOP